PR

「Linux Mint 19.0 “Tara”」、長期サポート版としてリリース

2018年7月3日(火)

Linux Mint Teamは6月29日(現時時間)、「Linux Mint 19.0 ”Tara” MATE」と「Linux Mint 19.0 “Tara” Cinnamon」、「Linux Mint 19.0 “Tara” Xfce」のリリースを発表した。

「Linux Mint」は、Ubuntuをベースとしたデスクトップ向けLinuxディストリビューション。今回リリースされた「Linux Mint 19.0 ”Sarah” MATE」では、デスクトップ環境としてMATE 1.20を採用、「Linux Mint 19.0 “Tara” Cinnamon」ではCinnamon 3.8を採用している。Linux Mint 19.0は長期サポート対象となっており、2023年までサポートが提供される予定。

「Linux Mint 19.0」では、システム復旧ユーティリティ「Timeshift」の大幅な強化、Software Managerの刷新、ルックアンドフィールの向上など、様々な強化が施されている。

対応プラットフォームはx86およびx86_64。「Linux Mint 19.0」のISOイメージは、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Linux Mint 19.0 “Tara” MATE
Linux Mint 19.0 “Tara” Cinnamon
Linux Mint 19.0 “Tara” Xfce

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック