PR

Canonical、ディスプレイサーバー「Mir 1.0.0」リリース

2018年9月26日(水)

 Canonicalは9月21日(現地時間)、ディスプレイサーバ「Mir 1.0.0」をリリースした。

 Mirは、X Window Systemの次の世代のサーバとして開発されたディスプレイサーバ。デスクトップのほか、組み込み用途やIoTなどの利用も想定して構築されている。高速、軽量、安全を謳い文句としており、GTK3/4、Qt5、SDL2などでMir対応のアプリケーションが作成できる。なお、メインプロトコルにはWaylandが採用されている。

 「Mir 1.0.0」では、実験的機能としてXWayland経由でX11を動作させる機能がことができるようになったほか、複数のWayland拡張プロトコルを新しくサポートした。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Mir Display server

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック