PR

「Raspberry Pi OS」が2種類のDebianバージョンをベースとしたものに

2021年12月12日(日)

Raspberry Pi財団は、「Debian」をベースとする2種類の「Raspberry Pi OS」バージョンを提供することを決定した。

 提供されるのは、「Debian Bulseye」(現行安定版)がベースのRaspberry Pi OSと、Bullseyeの前のバージョンである「Debian Buster」(2019年リリース)がベースの「Legacy」リリースの2種類。
 
 これまで、Raspberry Pi財団はRaspberry Pi OS(旧称「Raspbian」)について、一種類のリリースのみのサポートとしてきた。このことによって、Debianが新しいブランチに移行する際に大きな問題が起きる可能性があるためだという。

 BusterをベースとするRaspberry Pi OSは「Raspberry Pi OS(Legacy)」としてリリースされる。このバージョンも同梱されるパッケージが更新される間はアップデートが提供される。また、次期Debianがアップグレードされた場合には、「Raspberry Pi OS(Legacy)」は「Bullseye」をベースとしたものになるという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る