PR

Microsoft、EdgeのJavaScriptエンジン「ChakraCore」をオープンソース化

2016年1月19日(火)

Microsoftは1月13日(米国時間)、Microsoft EdgeのJavaScriptエンジン「ChakraCore」をオープンソース化したと発表した。また同時に、ChakraCoreのLinuxへの移植計画も向上した。「ChakraCore」のソースコードは、現在GitHubで公開されている。

Chakraは、Webブラウザ「Edge」や、その他のWindowsアプリケーションで採用されているJavaScriptエンジン。API、ガベージコレクタ、コンパイラなどによってアプリケーションに容易に組み込むことができるとしている。

「ChakraCore」はMIT Licenseの下で公開される。また、同社は2016年6月頃を目処に、「Ubuntu Linux 15.10」(64bit)でChakraCoreインタプリタとランタイムを公開する予定だとしている。

Microsoftは2015年12月に、ChakraCoreのオープンソース化を予告していた。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ChakraCore
ロードマップ

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック