PR

情報処理推進機構、「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」報告書

2016年3月5日(土)

情報処理推進機構(IPA)は3月3日、内部不正についてその動機や抑止・防止策を明らかにするために意識調査を実施した。2012年に行われた調査に続き、2回目の調査となる。

今回は、民間企業の従業員と内部不正を行った経験を有する者にアンケートを実施し、より実態を掘り下げる調査を目指した。調査結果のポイントは、

(1)内部不正の理由の約6割は故意が認められない「うっかり」
(2)主たる情報の持ち出し手段は「USBメモリ」
(3)経営者などが重要視していない対策が内部不正行為の抑止に有効
(4)内部不正経験者の約5割がシステム管理者(兼務を含む)

となっている。

報告書は、Webサイトからダウンロードできる(pdf形式)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリース本文

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック