PR

注目すべきDockerの周辺技術 PanamaxとKubernetes

2015年1月26日(月)
佐藤 司森元 敏雄

Panamax

開発元CenturyLink Labs
公式サイトhttp://panamax.io/
ライセンスApache License 2.0
提供開始2014/08
最新バージョン0.2.5

Panamaxは「人間のために考えられた」をキャッチコピーとしているDockerコンテナのGUI管理ツールである。Panamaxは、ブラウザ上からコンテナの作成、管理、削除を実行出来る。加えて、後述するPanamaxテンプレートを用いることで、サービスを1クリックで稼働させられる。導入も非常に簡単なので、試してみたい。インストール手順も後ほど紹介する。

メリット

最大のメリットは、やはり複数のアプリケーションの組み合わせである「システム」を1クリックで稼働させられる「Panamaxテンプレート」の存在だろう。これを使うことによって、インフラを知らない開発者であってもGUI上からのワンクリックでシステム基盤を作成し、アプリケーションの開発に取り掛かれるのは、非常に大きなメリットと言えるだろう。

デメリット

Panamaxのデメリットとしては、ユーザ管理が出来ない点が挙げられる。本来であれば「Aさんには○○が出来る権限のユーザをあげるよ。Panamaxで自由に環境作ってみてね」としたいところだが、現状ではこれは実現出来ない。Panamaxが動いている環境がわかってしまえば、だれでもアクセス出来てしまうからだ。これでは管理が煩雑すぎるし、セキュリティ的にも不安である。少人数で個々人の動きが把握できる、または信頼出来るチームでなければ複数人で利用するのは難しいだろう。

Panamaxの導入

導入は非常に簡単である、今回はCoreOS上への導入手順を紹介しよう。

リスト1:ディレクトリを作成

$ mkdir panamax

リスト2:Panamaxをダウンロード

$ cd panamax/
$ curl -O http://download.panamax.io/installer/pmx-installer-latest.zip

リスト3:圧縮ファイルを解凍

$ unzip pmx-installer-latest.zip

リスト4:インストール

$ sudo su
# ./coreos install –stable

これでインストールは完了だ。PanamaxのDockerコンテナがダウンロードされ、稼働しているだろう。早速実際に動かしてみよう。今回はPanamaxが導入されているホストと同一ホスト上に、Panamaxを使ってMediaWikiを構築してみよう。まずは「http://localhost:3000」へブラウザでアクセスしてみる。以下のトップ画面が表示されるはずだ(図1)。

Panamaxのトップ画面

図1:Panamaxのトップ画面(クリックで拡大)

トップ画面では、テンプレートやDockerHubに登録されているDockerイメージの検索が可能である。今回はMediaWikiを構築するので、テンプレートの中から「Wiki」を選択する。テンプレートの「Wiki」を選択すると、適合するテンプレートとイメージの一覧が表示される。イメージを選択した場合はイメージからコンテナを立ち上げるのみで、そのままではサービスを利用することは出来ない。今回は、Panamax上からの操作で構築からサービスの稼働まで完結したいので、テンプレートを利用する。ここでは「MediaWiki 1.21 – NGINX and MySQL 5.5」を選択し、右側にある「Run Template」をクリックしよう(図2)。

テンプレートを選択して、Run Templateをクリック

図2:テンプレートを選択して、Run Templateをクリック(クリックで拡大)

 後は自動的にDockerコンテナの構築が進行していく。画面上部に「The application was successfully created.」というメッセージが表示されれば、構築は完了である(図3)。

問題なく構築が完了した

図3:問題なく構築が完了した(クリックで拡大)

ポートフォワーディングの設定は重複を避けて自動で割り当てられるので、割り当てられたポートを使い接続を確認する。ミスがなければ、無事MediaWikiのサービスが利用可能になっているはずだ。後はMediaWikiのメッセージに従って設定を行えば、すぐに利用開始できる(図4)。この手軽さは、非常に嬉しい。

1クリックで、MediaWikiの環境が利用可能に

図4:1クリックで、MediaWikiの環境が利用可能に(クリックで拡大)

いかがだったろうか。非常に少ない構築ステップで、MediaWikiを利用開始できたことがおわかりいただけたと思う。Panamaxにあるテンプレートであれば、煩わしい設定やネットワークに頭を悩ませることなく、使いたいサービスが利用できる。しかもこれらのサービスはコンテナで実行されているため、不要になった場合にもPanamaxの管理画面からDeleteボタンを押すだけで、完全に削除することが可能である。

Panamaxの評価

DockerコンテナやDockerコマンドを意識することなく、ブラウザ上からワンボタンでWiki環境やWordPress環境が作成出来るのは非常に良い。
コンテナイメージはDockerHubから取得しているので、膨大な数が利用できるが、ワンボタンで環境構築まで出来るPanamaxテンプレートは、若干少ない気がする。今後Panamaxのコミュニティが増加し、活発になればテンプレートも増えていくことだろう。そうすればより一層使いやすく、便利になるだろう。Dockerコンテナのマネージメントのみの利用に限っても、見やすく使いやすいと感じられた。

株式会社アーベルソフト

インフラ基盤の設計・構築・運用までの全ての工程を担当。最近は、OSS製品を活用したインフラ基盤の提供を行っている。利用するOSS製品の調査・研究も行っており、現在は、DockerとTerraformに注目している。
>株式会社アーベルソフト

TIS株式会社

R&D部門である戦略技術センター所属。
金融系の大規模システム開発やプライベートクラウド開発環境の構築・運用の経験を生かし、OSS製品を中心としたの技術調査・検証を担当。
> TIS株式会社

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています