PR

SoftLayerでDocker環境を整えるコツ

2015年4月28日(火)
前佛 雅人(ぜんぶつ まさひと)

SoftLayerのオブジェクト・ストレージでDockerを活用する方法

docker-registryを使い、自分の仮想サーバーやベアメタル・サーバー上でレジストリを稼働させることができます。SoftLayerのオブジェクト・ストレージと連携することで、更に便利にDockerを扱えます。

Docker registryとSoftLayer

Dockerコンテナ・イメージを保管する場所は、ローカル環境だけではなく、公開レジストリのDockerHubが提供されています。しかし、DockerHubは海外のデータセンターにあるため、アップロードやダウンロードするには時間が掛かりがちです。一方のローカル環境上のDocker Registryであれば、コンテナ・イメージの取得(pull)や保存(push)がストレス無く行えます。

更にSoftLayerのオブジェクト・ストレージを使うことで、次のような利点があります。

  • オブジェクト・ストレージなのでデータ容量を気にする必要がありません
  • プライベート・ネットワーク内の通信は、転送料の課金対象外です
  • プライベート・ネットワーク内で安全にコンテナ・イメージの管理やアップロード・ダウンロードできます

オブジェクト・ストレージの利点は、何よりも容量を気にせずに利用できる点です。仮想サーバーや外部ストレージを使う場合であれば、容量の上限を心配する必要がありますし、実際に使用していなくても容量あたりの料金が必要です。オブジェクト・ストレージであれば、実際に使った容量分しか課金対象になりません。

さらにSoftLayerのオブジェクト・ストレージは、プライベート・ネットワーク内の通信料金が無料です。そのため、プライベート側から利用することで、コンテナ・イメージのアップロードやダウンロードを頻繁に行う場合も、料金を気にする必要はありません。

また、図3のように、Docker Registryがセットアップ済みのイメージ・テンプレート作成しておく方法も効果的です。コンテナを操作や開発時だけサーバーを起動し、作業が終わればオブジェクト・ストレージ上にコンテナ・イメージを格納することができます。

事前準備

SoftLayerのオブジェクト・ストレージのAPIを確認します。SoftLayerのポータルから「Storage」→「Object Storage」を選び、対象となるアカウントとデータセンターを選択します。切り替わった画面に「View Credentials」のリンクがありますので、ここをクリックすると「Username:」「API Key (Password):」が表示されますので、エディタ等に控えておきます。

また、同じ画面で「Add Container」をクリックし、Docker Registryが使用するファイルを保管するためのオブジェクト・ストレージ・コンテナを作成しておきます(例:docker-registry)。

Docker Registoryセットアップ手順

SoftLayerのオブジェクト・ストレージに対応したDocker Registoryを作成し、実際に動かすまでの流れを見ていきます。

まず、Docker-registryが動作するDockerイメージが提供されていますので、これをSoftLayer上で動くように調整します。任意の作業用ディレクトリを作成したあとに、ファイル名「Dockerfile」を作成し、内容は次の通りにします。

FROM registry:0.7.3
RUN pip install docker-registry-driver-swift==0.0.1
RUN sed -i '91i¥    swift_auth_version: _env:OS_AUTH_VERSION' /docker-registry/config/config_sample.yml

このDockerfileを使って、コンテナをビルドします。

$ sudo docker build -t registry-swift:0.7.3 .

作成したコンテナを使って、Docker Registryを起動します。初回実行時など、進行状況を確認するにはdocker run -it 〜と実行する方法が手軽です。デーモンとして常駐したい場合は-it-dに置き換えると便利です。

$ sudo docker run -it ¥
    -e SETTINGS_FLAVOR=swift ¥
    -e OS_AUTH_URL='https://tok02.objectstorage.service.networklayer.com/auth/v1.0' ¥
    -e OS_AUTH_VERSION=1 ¥
    -e OS_USERNAME='<オブジェクト・ストレージのUsername>' ¥
    -e OS_PASSWORD='<オブジェクト・ストレージのAPI Key>' ¥
    -e OS_CONTAINER='<オブジェクト・ストレージで作成したコンテナ名>' ¥
    -e GUNICORN_WORKERS=8 ¥
    -p 127.0.0.1:5000:5000 ¥
    registry-swift:0.7.3

Docker レジストリを試すには

先の手順の通り起動できれば、docker pushdocker pullコマンドにオブジェクト・ストレージを使うことができます。ここでは、先ほど作成したregistry-swiftイメージをpushしてみましょう。

docker tagコマンドを使い、ローカルのDocker Registryを意味する「127.0.0.1:5000」のタグをつけてからdocker pushを実行します。

$ sudo dokcer tag registry-swift:0.7.3 127.0.0.1:5000/registry-swift:0.7.3
$ sudo docker push 127.0.0.1:5000/registry-swift:0.7.3

pushしたイメージは、pullコマンドでダウンロードすることも可能です。

$ sudo docker pull 127.0.0.1:5000/registry-swift:0.7.3

まとめ

Dockerの開発環境はSoftLayer上で簡単に構築できるだけでなく、オブジェクト・ストレージと機能を組みあわせ、便利に運用することもできます。ご興味がありましたら、お試しいただければと思います。

参考情報

著者
前佛 雅人(ぜんぶつ まさひと)
クリエーションライン株式会社

Technology Evangelist
ホスティングサービスで運用保守サポートに携わった後、現職へ。サポート業務や新技術検証や開発業務を行う傍ら、実家で農作業のため東京と富山を往復する日々。趣味で監視や自動化に関するOSS検証や翻訳を行う。とりわけ運用・監視の省力化・最適化に興味。辛口の日本酒が大好き。
Twitter: @zembutsu (https://twitter.com/zembutsu)

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています