PR

ZabbixでSoftLayerを監視してみよう!

2015年6月3日(水)
三島 匡史

[PR]

SoftLayer環境の監視

SoftLayerが提供する監視サービス

SoftLayerではSoftLayer環境の監視サービスを用意しています。サーバーをオーダーする際に指定することができ、ping監視とメール通知程度であれば無償で利用できます。有償オプションを選択することで、ネットワークトラフィックやアプリケーションの監視も可能となってます。通常は監視と自動通知ですが、アドオンとして有人監視サービスもあり、大抵の要件は満たせるようなサービスが提供されています。

この監視にはCA Technorogies社のCA Nimsoftを使っていて、サーバーをオーダーする際にデフォルトでは無償の監視サービスが選択されており、自動でエージェントがインストールされます。オーダー時に「none」を選択することでこのエージェントがインストールされないようにすることもできます。

Zabbixによる監視

SoftLayerの提供する監視サービスを使うこともできますが、昨今は既にZabbixを使っている方も多く、既存環境と統合的に監視したり、運用時のオペレーションを考え、既存環境と同じ仕組みにしたいということが度々あります。

今回、そうした需要を鑑み、Zabbixを使ってSoftLayer環境を監視する際のポイントをまとめました。Zabbix自体の細かな設定には今回は触れません。

Zabbixの環境構築

環境

今回は「Zabbix Server」とともにZabbixのフロントエンドを導入する監視サーバーと「Zabbix Agent」を導入する監視対象として仮想サーバー1台、ベアメタルサーバー1台を使用します。OSはCentOS7を使用し、Zabbix Serverは最新の安定版であるZabbix2.4を使用します。

監視サーバーのテンプレートはLAMP環境が入ったものを選択し、データベースについてはCentOS7では標準となったMariaDBを使用したインストールを行います。仮想サーバーではZabbix Agentを用いた監視を行い、ベアメタルサーバーではIPMIを用いた監視を行います。

監視サーバー

ホスト名Zab1
テンプレートCentOS7.0-64 LAMP for VSI
パブリックIPアドレスXX.XX.XX.1
プライベートIPアドレス10.YY.YY.1

仮想サーバー

ホスト名zab2
テンプレートCentOS7.0-64 Minimal for VSI
パブリックIPアドレスXX.XX.XX.2
プライベートIPアドレス10.YY.YY.2

ベアメタルサーバー

ホスト名zab3
オペレーティングシステムCentOS 7.x (64 bit)
パブリックIPアドレスXX.XX.XX.3
プライベートIPアドレス10.YY.YY.3
Management IP アドレス10.YY.YY.4

監視サーバーにおけるZabbix Serverの構築

1.リポジトリの登録

今回の環境は、Zabbix ServerのOSはCentOS7、Zabbix2.4なので、これに合わせ、Zabbixのインストールを行うためのリポジトリを登録します。

# yum install http://repo.zabbix.com/zabbix/2.4/rhel/7/x86_64/zabbix-release-2.4-1.el7.noarch.rpm

2.Zabbix Serverのインストール

登録されたリポジトリを使ってZabbix Serverのインストールを行います。日本語のUIと、MariaDBの中身は基本的にはMySQLと変わらないので、データベースはMySQLを指定します。途中で2回確認がありますが、2回とも「y」を入力します。

# yum install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese

3.MariaDBの設定

既にインストールされているので、設定を追加します。Zabbixサーバーにて日本語が文字化けなどうまくいかないことがあるので、利用する文字コードを明示的に設定します。

innodb_file_per_tableを有効にすることで、各テーブルを別ファイルとして作成します。性能、管理性の向上が見込めます。

# vi /etc/my.cnf.d/server.cnf
 [mysqld]
 character-set-server = utf8
 collation-server     = utf8_general_ci
 skip-character-set-client-handshake
 innodb_file_per_table

MariaDBを再起動します。

# systemctl restart mariadb

4.MariaDBデータベースの作成

データベースの作成と接続するためのユーザーを作成します。

データベース名zabbix
ユーザー名zabbix
パスワードsoftlayer
# mysql -uroot
 mysql> create database zabbix;
 mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'softlayer' ;
 mysql> flush privileges;
 mysql> exit

5.初期データの投入

Zabbixで使用する各テーブルのスキーマ、イメージデータ、初期データを投入します。

# cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.4.4/create/
# mysql -uroot zabbix < schema.sql
# mysql -uroot zabbix < images.sql
# mysql -uroot zabbix < data.sql

6.Zabbixサーバーの設定

デフォルト設定でDBサーバーはローカルホスト、接続するDB名と接続用ユーザー名は共に「zabbix」になっているので、パスワードだけ設定します。

# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBPassword=softlayer

7.PHPのタイムゾーンの設定

タイムゾーンを日本に設定します。ヨーロッパの設定例がありますので、その下に追記します。

# vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf
<Directory "/usr/share/zabbix">
php_value date.timezone Asia/Tokyo ←追加
<Directory>

8.Zabbixサービスの起動

Apacheの再起動とZabbixサーバーのサービスの登録、起動を行います。

# systemctl restart httpd
# systemctl enable zabbix-server
# systemctl start zabbix-server

サービス登録の確認

# systemctl --full list-unit-files |grep zabbix-server
  zabbix-server.service                  enabled

※「enabled」になっていることを確認

サービス起動の確認

# systemctl --full | grep zabbix-server
zabbix-server.service    loaded active running   Zabbix Server

※「running」になっていることを確認

CentOS7.1で動作させる場合の注意点

CentOS7.1が2015年3月31日にリリースされ、それに伴いSoftLayer上のテンプレートもCentOS7.1にバージョンアップしています。CentOS7.1ではgnutlsパッケージのバージョンが3.1.18から3.3.8に上がりましたが、この影響を受け、Zabbixが起動できないという問題が起きています。

SoftLayer上のCentOS7.1を使った場合に、Zabbix Serverを利用するための暫定的な対処法としましては、CentOS7.0で使用していた3.1.18に強制的にダウングレードすることで、Zabbix Serverを起動できるようになります。CentOS7.0のファイルは通常のダウンロードサイトから移動されていますが、次のコマンドにて強制的にダウングレードが可能です。

# rpm -Uvh --force http://vault.centos.org/7.0.1406/os/x86_64/Packages/gnutls-3.1.18-8.el7.x86_64.rpm

9.Zabbixのセットアップ

手元のWebブラウザにて次のURLから監視サーバーのZabbixインターフェースのにアクセスし、初期セットアップをします。

http://XX.XX.XX.1/zabbix/

セットアップは「3. Configure DB connection」を除き、「Next」を選択することで次の画面へ進みます。

「3.Configure DB connection」ではデータベースへの接続確認を行いますので、接続のためのユーザー名、パスワードを入力し、「Test connection」を押下し確認します。今回、ユーザー名は zabbix 、パスワードは softlayer を指定します。

最後に「Finish」を押下し完了すると、Zabbixインターフェースへのログイン画面が表示されます。次の初期設定にてログインし、管理画面が表示されることを確認します。

ユーザー名Admin
パスワードzabbix

管理画面が初期状態は英語なので、これを日本語にします。

  1. まず、右上にある「Profile」をクリックします。
  2. 次にユーザープロファイルの設定にて「Language」をJapanese(ja_JP)にします。
  3. 最後に「Update」をクリックします
テコラス株式会社
OSSを中心とした技術教育事業の開発・運営、インフラエンジニア、プロダクトマーケティングの経験を活かし、現在はテコラス株式会社にてサービスの企画に従事。日本CloudStackユーザー会ボードメンバー。趣味は料理、水耕栽培など。呑みの誘いは断らないが信条

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています