PR

syslogを押さえよう!

2008年12月9日(火)
菊地 宏一郎

ログの出力方法

「第1回:必読!ログファイルとディレクトリ」では、CentOS 5.2の/var/logディレクトリ以下に存在する、ログファイルとディレクトリについて説明しました。第2回は、このさまざまなログファイルの管理について説明します。

ログの出力方法という観点からみた場合、ログは、アプリケーションが独自の方法で出力したものと、Unix/Linuxにおける標準的なログ出力方法であるsyslogを利用して出力されたものとに大別できます。

アプリケーション独自の方法で記録されたログファイルとしては、/var/log/wtmpや/var/log/lastlogといったバイナリ形式のファイルがあります。また、ApacheやSamba、Squidなど、独自のログディレクトリを持つアプリケーションの多くも、独自の方法でログを記録しています。

一方、syslog は、独自のログ出力方法を持たない、非常に多くのアプリケーションが利用しています。syslogを利用して出力されたログメッセージが記録されるログファイルは、/var/log/boot.log、/var/log /cron、/var/log/maillog、/var/log/messages、/var/log/secure、/var/log/spoolなどですが、特定のアプリケーションを除き、多くのアプリケーションのログメッセージは、デフォルトで/var/log/messagesに記録されます。

このため、syslogを使うアプリケーションがたくさん稼働しているシステムや、syslogを使って大量のログメッセージを出力するアプリケーションが稼働しているようなシステムでは、適切な設定を行わないと、/var/log/messagesが大量のログメッセージ埋め尽くされてしまいます。場合によっては、重要なメッセージを見落としてしまうかもしれません。よってsyslogは、適切に設定する必要があります。

syslogとは

syslogは、OSやアプリケーション、サービスが情報をログとして記録するための仕組みで、現在のUNIX/Linuxシステムには標準的に備わっています。syslogには、1983年に発表された4.2 BSDで導入されて以来20年以上の歴史があり、2001年には、そのプロトコルとメッセージフォーマットがRFC3164として定義されています。

syslogにおいては、ログメッセージを出力するアプリケーションとは別に、出力されたログメッセージを受けとるアプリケーションが存在し、このログ受信アプリケーションが、受け取ったログメッセージをファイルに保存するなどの処理しています。また、ログ受信アプリケーションによっては、受け取ったログメッセージをネットワーク越しに別サーバーに送信することができ、この機能を使うことで、複数サーバーのログを1台のサーバーに集約することが可能になります。なお、CentOSでは、ログ受信アプリケーションとして、syslogdというプログラムが採用されています。

また、syslogでは、ログの種類をfacility、ログの重大度をseverityという、数字で表されるコードで指定します。Facilityは全部で0~23の24種類ありますが、さまざまなOSで同じ用途に異なる番号を使っているという事情があり、Linuxでは図1に示した20種類が使われています。Serverityは、図1に示した通り、0~7の8種類あり、こちらは、OSによって異なるということはありません。

なお、図1には「syslog.confでのキーワード」として、syslogdの設定ファイルでfacilityおよびseverityを指定する際に使うキーワードも併せて掲載しています。表中の priorityは、syslog(8)とsyslog.conf(5)において重大度を表すために用いられている用語です。次ページからはsyslogdの設定になりますので、以降は、重大度を severityではなくpriorityと表記します。

株式会社アールワークス

大学在学時に FreeBSDユーザーになり、その流れで非Windows 系の仕事を求め 2006年アールワークス入社。 現在はネットワークインテグレーション部に在籍し、日々顧客システムの問題を解決すべく奮闘中。http://www.rworks.jp/index.php

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています