PR

プログラミング言語「Julia 1.0」リリース

2018年8月15日(水)

 Juliaは8月8日(現地時間)、プログラミング言語「Julia 1.0」をリリースした。

 「Julia」は、動的型付けによりスクリプト言語のように利用でき、バックエンドにLLVMを採用しており、LLVMを通じて様々なプラットフォーム向けのネイティブコードにコンパイルを行うことができることが特徴。どのような用途にも利用できるが、特に数値解析分野での利用に適している。

 「Julia 1.0」はMIT Licenseの下で配布されており、Windows、Mac OS X、Linux、FreeBSDに対応している。「Julia 1.0」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック