PR

プログラミング言語「Julia 1.0」リリース

2018年8月15日(水)

 Juliaは8月8日(現地時間)、プログラミング言語「Julia 1.0」をリリースした。

 「Julia」は、動的型付けによりスクリプト言語のように利用でき、バックエンドにLLVMを採用しており、LLVMを通じて様々なプラットフォーム向けのネイティブコードにコンパイルを行うことができることが特徴。どのような用途にも利用できるが、特に数値解析分野での利用に適している。

 「Julia 1.0」はMIT Licenseの下で配布されており、Windows、Mac OS X、Linux、FreeBSDに対応している。「Julia 1.0」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る