PR

Google、オープンソースのプログラミング言語「Go 1.11」をリリース

2018年8月28日(火)

Googleは8月24日(現地時間)、オープンソースのプログラミング言語Goの正式版、「Go version 1.11(Go 1.11)」をリリースした。

Goは、Pythonのようなダイナミック性と、C/C++のようなコンパイル言語の特徴を併せ持ったプログラミング言語。コンパイラとランタイムライブラリから構成されており、短時間でコードのコンパイルが可能。並列プログラミングもサポートしている。インタプリタ言語とコンパイル言語の長所を採り入れ、新たなポジションの確立を目指している。

Go言語は、Windows、Mac OS X、FreeBSD、Linux、Androidのほか、DragonFly BSDやSolarisに対応している。「GO 1.11」では、GOPATH環境変数の代替となる「モジュール機構」が採用されたほか、Webアセンブリポート機能が実験的に利用できるようになるなど、様々な強化が加わっている。

「Go 1.11」は、Linux版とMac OS X版がWebサイトに公開されている。ライセンスはBSDベースの独自ライセンスとなっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事
Go公式サイト

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

Google、オープンソースのプログラミング言語「Go 1.11」をリリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。