PR

プログラム言語「Ruby 2.6.0」リリース

2018年12月25日(火)

プログラム言語Rubyの最新安定版、「Ruby 2.6.0」が12月25日、リリースされた。

「Ruby」は、1993年にまつもと ゆきひろ氏により発案され、開発が開始されたプログラミング言語。数多くの機能と簡便さを併せ持っており、アプリケーションを簡潔に記述できるなどの特徴を持つ。

「Ruby 2.6.0」は、新しいRuby 2.6系列の最新安定版。新しい「JIT (Just-in-time) コンパイラ」が導入され、抽象構文木を扱う「RubyVM::AbstractSyntaxTree モジュール」が採用されたほか、ASCII以外の大文字でも定数を定義できるように改善されるなど、複数の機能改善が施されている。

「Ruby 2.6.0」は、Webサイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

プログラム言語「Ruby 2.6.0」リリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。