PR

JavaScriptアプリケーションフレームワーク「Node.js 7.6.0」リリース

2017年2月25日(土)

Node.js Developersは2月22日(現地時間)、JavaScriptアプリケーションプラットフォーム、「Node.js 7.6.0」をリリースした。

Node.jsは、イベント化された入出力を扱うサーバーサイドJavaScriptアプリケーションフレームワーク。JavaScriptコードを実行するランタイムと、I/Oやネットワークアクセスなどの機能を提供するライブラリから構成され、Webサーバなどのスケーラブルなネットワークプログラムを想定している。

「Node.js 7.6.0」では、V8エンジンがバージョン5.5にアップデートされ、async/awaitが強化された。その他、デバッグツール「node-inspect」の採用、パフォーマンスの向上など、いくつかの改善が施されている。

「Node.js 7.6.0」は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る