PR

「Node.js 13.0.0」リリース

2019年10月27日(日)

Node.js Developersは10月22日(現地時間)、JavaScriptアプリケーションプラットフォーム、「Node.js 13.0.0」をリリースした。

Node.jsは、イベント化された入出力を扱うサーバーサイドJavaScriptアプリケーションフレームワーク。JavaScriptコードを実行するランタイムと、I/Oやネットワークアクセスなどの機能を提供するライブラリから構成され、Webサーバなどのスケーラブルなネットワークプログラムを想定している。

「Node.js 13.0.0」は、Current版として最新機能を盛り込んだリリース(これに対して「Node.js 12」がLTS(Long Term Support)版としてリリースされている)。V8 JavaScriptエンジンが「7.8」にアップデートされたほか、「International Components for Unicode(ICU)」コンポーネントがデフォルトですべての言語でサポートされた(従来はデフォルトが英語のみ有効)。その他にもいくつかの機能改善が施されている。

「Node.js 13.0.0」は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック