PR

連載一覧

2018年12月、クラウドネイティブを志向するエンジニアや企業が集うテクノロジーカンファレンス、KubeCon+CloudNativeCon Seattle 2018が開催された。

5月のヨーロッパ、11月のアジア(中国)に続き、北米で開かれた今年3回目のKubeConは8,000名を超える参加者を集めた大規模なものとなった。

この連載では、KubeConの前日に開かれたCo-located Eventの一つ「OpenShift Commons Gathering」のようす、キーノートや注目の発表、そして出展各社のブースなどを紹介する。

Kubernetesを中心としたコンテナを用いたクラウドネイティブなシステムへの潮流は、確実なものとなっている。

クラウドネイティブという新たなパラダイムのもとでは、「セキュリティ」についても新たな形をとることになる。その新しいセキュリティについて、プレイヤーとなる企業や日本のパートナー企業に話を聞いてみた。

  • クリエーションライン(Aqua Securityのパートナー)
  • マクニカソリューションズ(Twistlockのパートナー)
  • Sysdig