PR

連載一覧

GPUベンダーから、人工知能や深層学習、自動運転の分野のプラットフォーマーへと変貌を遂げた「謎の半導体メーカ-」ことNVIDIAの年次カンファレンス、GPU Technology Conference 2019(GTC)が3月に開催された。

キーノートをはじめとするセッションや、会場に設けられたブースのようすをレポートする。

2018年12月、クラウドネイティブを志向するエンジニアや企業が集うテクノロジーカンファレンス、KubeCon+CloudNativeCon Seattle 2018が開催された。

5月のヨーロッパ、11月のアジア(中国)に続き、北米で開かれた今年3回目のKubeConは8,000名を超える参加者を集めた大規模なものとなった。

この連載では、KubeConの前日に開かれたCo-located Eventの一つ「OpenShift Commons Gathering」のようす、キーノートや注目の発表、そして出展各社のブースなどを紹介する。

Dockerは、多くのITエンジニアに注目され、継続して成長している技術である。DockerはlibcontainerというLinuxカーネルのAPIを呼び出すためのドライバーと、OSごとに対応したファイルシステム(aufs、device-mapper等)によって、コンテナという仮想環境を構築する――。「Dockerを知る -周辺ツールと業界動向-」「より深くDockerを知る」に続くDocker連載第三弾。

2015年1月20日、コンテナサービスMagnumの最初のバージョンがリリースされました。Magnumは、Docker swarmやKubernetesなどのコンテナクラスタを提供するOpenStackのAPIサービスであり、これらの環境をコマンドで構築し、操作することができます。本連載では、Fedora21とDevStackを用いてMagnum環境を構築し、Kubernetesの操作手順についてご紹介します。

OpenStack Summit Tokyo 2015がいよいよ開幕しました。「OpenStack Superuser Award」を受賞したNTTグループや、「Super Integrator」を提唱したNECグループの有志による他では味わえないOpenStack Summit Tokyoの徹底レポートをお届けします。