PR

連載一覧

GPUベンダーから、人工知能や深層学習、自動運転の分野のプラットフォーマーへと変貌を遂げた「謎の半導体メーカ-」ことNVIDIAの年次カンファレンス、GPU Technology Conference 2019(GTC)が3月に開催された。

キーノートをはじめとするセッションや、会場に設けられたブースのようすをレポートする。

2018年12月、クラウドネイティブを志向するエンジニアや企業が集うテクノロジーカンファレンス、KubeCon+CloudNativeCon Seattle 2018が開催された。

5月のヨーロッパ、11月のアジア(中国)に続き、北米で開かれた今年3回目のKubeConは8,000名を超える参加者を集めた大規模なものとなった。

この連載では、KubeConの前日に開かれたCo-located Eventの一つ「OpenShift Commons Gathering」のようす、キーノートや注目の発表、そして出展各社のブースなどを紹介する。

IT関連の技術者やそれを目指す人たちに向けに、「資格試験の勉強」を活用したこれからの時代に必要なスキルを身につけていく方法をお伝えします。特に情報処理技術者試験や情報処理安全確保支援士試験などを中心に取り上げながら、読者が自分の好きなことや適性に合わせて、目指す方向にスキルアップしていくための情報を提供します。

本連載では、初めてDrupalを使う初心者がつまづく可能性のある部分を極力排除しながら、インストールからサイト完成まで、一切のコードを書かずにGUI操作のみでDrupalの標準機能を一通り使った簡単なサイト制作を行います。
普及期に入ったVMware NSXの実力と導入構成は?!

多くのサーバーを管理する必要があるITの最前線で、構成管理ツールAnsibleが注目されています。この連載では、構成管理ツールとしてAnsibleを選ぶべき理由の解説から、導入方法の紹介、応用まで解説します

イベントやセミナーの開催告知および事後レポートをまとめています。過去のイベント・セミナーは以下の連載ページもしくは検索メニューからご覧ください。

本連載では、Red Hatが提供するエンタープライズ向けLinuxの「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」というディストリビューションを解説していきます。RHELは世界中で最も多く使われている商用Linuxディストリビューションです。政府、情報通信、金融、製造、流通、医療、電力、放送、教育など幅広く使われており、世界中のさまざまな仕組みを陰で支えています。

この連載はインプレスから発売されている同名の書籍『できるPRO Red Hat Enterprise Linux 7』の内容から一部を抜粋し、Think IT読者に向けて特別に公開しています。

生ハムメロン? トーストに明太子? はたまた納豆にマヨネーズ!?

食べ合わせるとおいしい組み合わせ、今が旬の「ラズパイ」と「マイクラ」でちゃちゃっと料理しちゃいました!

さぁ、たんと召し上がれ!

本記事は、書籍「ゲームで学ぶJavaScript入門 HTML5&CSSも身に付く!」用に作成した簡易2D物理エンジン「Tiny2D.js」の詳細解説です。Tiny2D.jsは角速度や質量は考慮しない、矩形と円しかサポートしないなど、物理エンジンと名乗るには僭越なほどシンプルなものですが、シンプルなだけに使い方も簡単で、修正も十分に可能です。「百聞は一見にしかず」です。まずはサンプルを実行してみて、どのような動きをするのか皆さん自身で確かめてみてください。

本書はブックインプレスより購入できます。