PR

データベースの最近の変化と動向

2010年10月1日(金)
藤本 壱

リレーショナルデータベースの特徴

リレーショナルデータベースは、複雑なデータを表のような細かなデータに分解し、それらを組み合わせて扱うようなデータベースです。表のことを「テーブル」と呼びます。個々のテーブルは比較的シンプルな構造になりますが、表どうしを柔軟に組み合わせる(結合する)ことで、複雑なデータ構造を表すことができます。

例えば、図2の上半分のように、「商品」と「メーカー」という2つのテーブルがあるとします。この場合、「『商品』の『メーカーID』列と、『メーカー』テーブルの『メーカーID』列の値が等しい」という条件で、これら2つのテーブルを結合することで、図の下半分のように、商品名とその商品のメーカーの情報から構成されるデータを得ることができます。

また、たいていのリレーショナルデータベースでは、「SQL」という言語でデータを扱うことができます。SQLでは、テーブルの一部の列を取り出したり、条件を指定して一部の行を取り出したりといったことを、比較的シンプルに書くことができます。

例えば、前述の図2のような操作をSQLで書くと、以下のように表すことができます。

SQLでは、データの読み込みだけでなく、追加/変更/削除や、データベースの各種の制御についても、命令が用意されています。

なお、SQLの書き方は、データベースソフトごとに細かな差はありますが、基本的な部分はおおむね統一的な書き方をするようになっています。

図2:「商品」と「メーカー」の2つのテーブルを結合する

リレーショナルデータベースに求められる機能

リレーショナルデータベースは、ビジネスの分野で幅広く使われています。そのため、複雑な利用に耐えうるだけの機能が必要とされています。

まず、どんな処理を行ったとしても、データが矛盾しないような機能が必要です。例えば、1件の処理を行う際に、複数のデータベース操作が必要だとします。この場合、データベース操作がどれか1つでも失敗すれば、処理全体を失敗として、データベースを処理前の状態に戻すことができる必要があります。この機能のことを、「トランザクション」(Transaction)と呼びます。

また、大企業のデータベースなど、データの量が膨大になるケースもあります。このようなデータベースを1台のコンピュータですべて管理するのは、物理的に不可能になることもあります。そこで、1つのデータベースを複数のコンピュータに分散して管理するような機能も必要です。

さらに、故障等のトラブルがあったとしても、データベースが利用不能に陥らないようにすることも必要です。そこで、同じデータベースを複数のコンピュータで保持しておいて、あるコンピュータが故障しても、ほかのコンピュータで処理を続けられるような機能も必要です。この機能を「レプリケーション」(Replication)と呼びます。

企業の基幹業務に使われるようなデータベース製品だと、上記のような機能をすべて装備しています。ただ、低価格な製品や、オープンソースの製品だと、上記のような機能を完全には装備していない場合もあります。

1969年生まれ。神戸大学工学部電子工学科卒。ソフトメーカー勤務後、フリーライターとして独立。現在では、パソコン関係およびマネー関係の書籍を中心に執筆活動を行っている。ブログ「The blog of H.Fujimoto」は、Movable TypeやWordPressの情報を中心に毎日更新している(http://www.h-fj.com/blog/)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています