PR

HTML5関連のデータベースAPIとWeb Storageの基本

2010年10月22日(金)
藤本 壱

HTML5時代にはWebブラウザでデータベースを扱える

最近のWebの世界で、トレンドになっている技術の1つとして、「HTML5」があります。Webブラウザ上で動作するアプリケーション(Webアプリケーション)が一般化したことがあって、Webブラウザに求められる機能が増えてきました。そこで、その状況に即してHTMLをバージョンアップしようという流れが起こり、HTML5の仕様策定が進められています。

HTML5では、HTMLのタグの仕様だけでなく、周辺のAPI(Application Programming Interface)の仕様も明確化して、Webブラウザによる動作の差異をなくそうという方向になっています。また、Webアプリケーションを作る上で従来不十分だった機能について、各種の新しいAPIも追加されます。

APIの中で、特に不足していた分野の1つとして、「データ管理」が挙げられます。従来のHTMLでは、Webブラウザ(クライアント)側にデータを保存する仕組みとしては、「Cookie」があるだけでした。Cookieは、データをWebブラウザ側に保存する仕組みで、ログイン時にユーザー名を自動的に入力した状態にしたりなど、ちょっとした情報をWebブラウザ側に保存しておくのによく使われています。ただ、Cookieには以下のような制限があり、本格的なデータ保存に使うには不十分です。

  1. クッキー1つ当たりの容量は4,096バイト
  2. クッキーの個数は全部で300個
  3. 1つのWebサーバーにつきクッキーは20個

そこで、HTML5関連のAPIとして、データベース関係のAPIも強化されることになり、Webブラウザ側でデータを保存しやすくなります。

HTML5でのデータベース関係API

本稿執筆時点では、データベース関係のAPIとして、「Web Storage」「Web SQL Database」「Indexed Database API」の3つのAPIが提案されています(図1)。

図1:HTML5で提案されている3つのデータベース関係API

Web Storageは、これら3つの中で最もシンプルなデータベースAPIです。Web Storageでは、キーバリュー型のデータベースを管理することができます。従来のCookieに近いですが、よりプログラムを作りやすい形になっています。また、処理内容に応じて、「Local Storage」と「Session Storage」の2種類のデータベースを使い分けることができます。さらに、現状主流のWebブラウザ(Internet Explorer/Firefox/Safari/Opera/Google Chrome)の最新版でも、まだ完全ではありませんが一部の機能が実装されていて、実際に使える状況になりつつあります。

Web SQL Databaseは、「SQL」の名前が入っていることから分かるように、Webブラウザ上でリレーショナルデータベースを動作させられるAPIです。複雑なデータ処理が必要な場合に、Web SQL Databaseが適していると考えられます。

そして、3つ目の「Indexed Database API」は、キーバリュー型データベースでありながら、複数のテーブルを使い分けたり、検索用のインデックスを設定したりなど、高度な機能を持っています。Web SQL Databaseを使うほどではないものの、Web Storageでは機能的に不足するような場合に、Indexed Database APIが適していると言えるでしょう。

ただし、本稿執筆時点では、Web SQL DatabaseとIndexed Database APIは、Webブラウザごとに実装する/しないに差があり、動向が固まるにはまだしばらく時間がかかるものと思われます。ちなみに、Mozilla陣営は「Web SQL Databaseはサポートしない」と表明しています。

参考記事:Beyond HTML5: Database APIs and the Road to IndexedDB

1969年生まれ。神戸大学工学部電子工学科卒。ソフトメーカー勤務後、フリーライターとして独立。現在では、パソコン関係およびマネー関係の書籍を中心に執筆活動を行っている。ブログ「The blog of H.Fujimoto」は、Movable TypeやWordPressの情報を中心に毎日更新している(http://www.h-fj.com/blog/)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています