PR

GroundWork Monitorによる監視の実際

2009年12月15日(火)
矢吹 洋一

プラグインの追加(1)

ここまでは、PostgreSQLのCPU使用率の監視設定を、既存のコマンドを使って行いました。メモリ使用量の監視設定も、CPU使用率とほぼ同様に、既存の「check_local_proc_mem」というコマンドを使って行うことができます。

さて、今度はPostgreSQL特有の情報を監視するように設定してみましょう。このためには、監視を行うプラグインを別途用意する必要があります。その手順は、以下のようになります。

(1)実際に監視を行うプログラムを作り「/usr/local/groundwork/nagios/libexec/」に配置する
(2)GWMのConfiguration画面でコマンドの定義を行う
(3)上記コマンドを使用するサービスを定義する

PostgreSQLの何を監視するかは状況によっていろいろ考えられますが、ここでは、簡単なSELECT文を発行して応答があるかどうかを調べ、死活監視を行うことにします。以下のサンプル(※)に示したようなシェル・スクリプトを「/usr/local/groundwork/nagios/libexec/check_pgsql.sh」として配置します。

※サンプル・コードのダウンロードはこちら

次にコマンドの定義を行います。「Configuration」→「Commands」→「New」。

ここでまず、使用するシステム・マクロを選択します。この場合、必要なのは「USER1」だけなので「USER1」をチェックし「Next」を押します。すると、図3の画面が表示されます。

Command nameは「check_pgsql」とします。

Command lineにLinuxコマンド行を指定します。このコマンド行で引数用のマクロ「ARG1」「ARG2」を使っているので、「Test:」欄の「Arguments:」に「ARG1!ARG2」という形で引数指定が現れます。これを実際の値である「5432!postgres」に書き換えて「Test」ボタンを押すと、コマンド行が実行されます。

結果がOKであれば、Usage:に「check_pgsql!ARG1!ARG2」が表示されます。「Add」→「Continue」として設定をセーブします。

プラグインの追加(2)

最後にサービスを追加します。コマンドの定義までが完成しているので、前述したCPU使用率を監視するlocal_cpu_pgsqlの場合と同様の手順になります。

(1)サービスの登録

「Configuration」→「Services」→「+New Service」を選択し、Service nameを「postgresql_alive」とします。

「Add」ボタン→「Save」ボタンを押します。

(2)サービス監視コマンドの登録

「Service Check」を選択し、「Check command」で新たに加わった「check_pgsql」を選びます。

Command lineで「ARG1!ARG2」を「5432!postgres」にして、「localhost」でテストを行います。

OKなら、「Save」を押して設定を登録します。

(3)ホストへのサービス割り当て

「Configure」→「Hosts」→「Hosts」→「Linux Servers」→「localhost」→「Detail」を選択し、「Services」画面の下部のスクロール・リストから、新たに加わった「postgresql_alive」を選択し、「Add Service(s)」を押します。

次に、「Service」に戻って、「Configure」→「Service」→「Services」→「local_cpu_pgsql」選択→「Apply Hosts」を実行します。

最後に「Commit」を行って、設定を確定します。「Configure」→「Control」→「Commit」→「Backup」→「Commit」→「Close」。

Commit後、数分ほど待つと画面に設定が反映されます。Status ポートレットを選択し、下位ポートレットやツリー・ビューに「postgresql_alive」が現れるのを確認してください。

今回は、GWM による監視の詳細と、サービス監視項目の追加、プラグインの追加について解説しました。

次回は、GWMについてこれまでの内容をまとめていきます。

【参考文献】
GroundWork Community Edition」(アクセス、2009/12)
GroundWork Community Forum」(アクセス、2009/12)
GroundWork日本語コミュニティ・サイト」(アクセス、2009/12)
今回のサンプル・コード

SRA OSS, Inc. 日本支社
オープンソースソフトウエアという言葉が無かった時代から、OSS的なものを仕事の糧としてきて早20年。現在では「泥縄式」で色々なオープンソースソフトウエアをサポートするのが主たる仕事になっている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています