PR

PostgreSQLの初期化とWebアプリケーションサーバーのインストール

2011年11月1日(火)
宮原 徹(みやはら とおる)

クラウドサービスの代表例とも言えるAmazon EC2を使ってWebアプリケーションを動作させるため、LinuxとApache、PHPとPostgreSQL 9.0、いわゆるLAPP環境を構築する手順を解説する。

なお、本連載ではPostgreSQLのデータベースを操作するためのSQLなどについては触れていないので、LPI-Japanが無償で提供しているテキスト「オープンソースデータベース標準教科書」を参照して欲しい。PDF版、EPUB版が提供されているので、作業時に参照できるようにしておくと良いだろう。
→参照:「オープンソースデータベース標準教科書」ダウンロードページ

PostgreSQLの初期化

第2回ではPostgreSQLのインストールが完了した。今回は、PostgreSQLの初期化を行う。初期化することで設定ファイルが作成され、テンプレートデータベース、初期データベースが作成される。

データベースの初期化

初期化を行うには、postgresql-9.0サービスにinitdbをつけて実行する。初期化が終わったらサービスを起動する。

PostgreSQLの初期化実行例

  # service postgresql-9.0 initdb
  データベースを初期化中:                                    [  OK  ]
  # service postgresql-9.0 start
  postgresql-9.0 サービスを開始中:                          [  OK  ]

スーパーユーザーでデータベースを確認

パッケージインストール時にユーザーpostgresが作成されており、このユーザーがデータベースのスーパーユーザーとして管理権限を持っている。suコマンドでユーザーpostgresに変更し、psqlコマンドでデータベースが初期化されていることを確認する。

データベースの初期化の確認

# su - postgres
-bash-4.1$ psql -l
                                       データベース一覧
   名前    |  所有者  |エンコーディング |  照合順序   |Ctype(変換演算子) |アクセス権       
----------+---------+---------------+------------+-----------------+-------------
postgres  |postgres |UTF8           |ja_JP.UTF-8 |ja_JP.UTF-8      | 
template0 |postgres |UTF8           |ja_JP.UTF-8 |ja_JP.UTF-8      |=c/postgres  +
          |         |               |            |             |postgres=CTc/postgres
template1 |postgres |UTF8           |ja_JP.UTF-8 |ja_JP.UTF-8      |=c/postgres  +
          |         |               |            |            |postgres=CTc/postgres
(3行)
著者
宮原 徹(みやはら とおる)
日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO

日本オラクルでLinux版Oracleのマーケティングに従事後、2001年に(株)びぎねっとを設立し、Linuxをはじめとするオープンソースの普及活動を積極的に行い、IPA「2008年度 OSS貢献者賞」を受賞。2006年に日本仮想化技術(株)を設立し、仮想化技術に関する情報発信とコンサルティングを行う。現在は主にエンタープライズ分野におけるプライベートクラウド構築や自動化、CI/CDなどの活用について調査・研究を行っている。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています