PR

pg_monzの導入手順と PostgreSQL監視の実態

2014年2月6日(木)
中西 剛紀

今回はpg_monzを導入する手順とpg_monzを使った監視運用の実態について解説します。

動作環境

pg_monz を使用するには以下のソフトウェアが必要です。

ソフトウェア名 バージョン
Zabbix 2.0以上
PostgreSQL 9.2以上

また、PostgreSQLの情報取得にはZabbixエージェントの機能を利用するため、監視対象のサーバーにZabbixエージェントを導入する必要があります。ここではZabbixサーバー、エージェント導入方法の解説は割愛します。

導入手順

ここからはpg_monzの導入手順について解説します。なお、今回の解説ではZabbixのバージョン2.0.8を使っていますので、別バージョンのZabbixを利用した場合に一部手順が異なることがあります。

1. pg_monzのダウンロード

pg_monzのダウンロードサイト(https://github.com/pg-monz/pg_monz/releases)からモジュールをダウンロードします。ダウンロードしたアーカイブファイルを展開するとpg_monzディレクトリの中に以下の4つのファイルが格納されています。

ファイル名 役割
pg_monz_template.xml 監視テンプレート
userparameter_pgsql.conf エージェント用ユーザーパラメータ設定ファイル
find_dbname.sh データベースディスカバリスクリプト
find_dbname_table.sh テーブルディスカバリスクリプト

2. エージェント用の設定ファイル、スクリプトのインストール

エージェント用ユーザーパラメータ設定ファイル(userparameter_pgsql.conf)を Zabbix エージェントがインストールされているマシンの所定の場所にコピーします。例えば、Zabbixエージェントが /usr/local/zabbix/ にインストールされている場合は以下の場所にファイルをコピーします。

/usr/local/zabbix/etc/zabbix_agentd.conf.d/userparameter_pgsql.conf

また、上記ファイルが読み込まれるようzabbix_agentd.confのInclude 設定を追加します。なお、設定の反映には再起動が必要です。

Include=/usr/local/zabbix/etc/zabbix_agentd.conf.d/

次にローレベルディスカバリで使用するスクリプトをコピーし、Zabbix Agentの起動ユーザー(デフォルトzabbix)に実行権限を付与します。デフォルトでは /usr/local/bin 以下にインストールされることを想定していますので、以下のコマンドを実行してください。

cp find_dbname.sh find_dbname_table.sh /usr/local/bin
chmod +x /usr/local/bin/find_dbname.sh
chmod +x /usr/local/bin/find_dbname_table.sh

3. 監視テンプレートのインポート

Zabbix の Web 管理画面にログインし、以下の手順でテンプレートをインポートします。タブの「設定 (Configuration)」 - 「テンプレート (Templates)」を選択し、テンプレート一覧を表示します。

図1:Zabbix管理画面のテンプレート一覧(クリックで拡大)

右上の「インポート (Import)」をクリックして表示される画面で、「インポートするファイル (Import file)」に pg_monz_template.xml を選択して「インポート (Import)」をクリックします。

図2:テンプレートのインポート画面(クリックで拡大)

インポートに成功すると、テンプレート一覧に「PostgreSQL Check」が追加されます。

図3:pg_monz_template.xmlインポート後のテンプレート一覧画面(クリックで拡大)
TIS株式会社

戦略技術センター所属。過去に様々なDBMSと苦楽を共にし、現在はPostgreSQLをはじめするOSSの活用推進をテーマに活動中。アプリケーション基盤「ISHIGAKI Template」の開発とともに、日本PostgreSQLユーザ会、PostgreSQLコンソーシアムといったコミュニティを通じてPostgreSQLの普及活動にも力を注いでいる。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています