PR

間違いだらけの製品選び

2010年3月17日(水)
寺澤 豊

ビジネス・インテリジェンスを構成する要素(1)

前回は、昨今の製品動向として、米Netezza製品を引き合いに、DWHアプライアンスを解説しました。今回は、ビジネス・インテリジェンス(以下、BI)を構成する製品の選定を通じ、間違った製品を選ばないためのコツを解説します。

読者の皆さんはBIに関してよく知っていると思いますが、製品選びについて解説する前に、再度簡単におさらいしておきます。

BIは、2000年代に入って登場したキーワードです。それ以前は、データ・ウエアハウス(以下、DWH)というキーワードがよく使われていました。大量の企業内データを格納して分析するという意味では、BIとDWHに大差はありませんが、考え方で異なる部分があります。

BIには、「ごく一部の情報分析の専門家だけが使うのではなく、一般の経営者や社員が各自で情報を分析することで、意思決定スピードを飛躍的に向上させる」という考え方が含まれています。それが大きく異なる部分です。

BIを広い意味でとらえると、それを構成する要素としては、DWHやOLAP(OnLine Analytical Processing)ツールなど、さまざまなものが存在します。以下では、DWH内のデータを利用して分析を行う「ツール」に焦点をあてて解説します。

分析ツールにも、さまざまなものが存在しており、企業内の役割に応じて使い分けるのが一般的です。経営者やマネージメント層には、経営コックピットやダッシュボードと呼ばれる経営指標管理を行うためのツールを用い、各KPI(Key Performance Indicator/重要業績評価指標)の状況を簡単に見渡せるようになっています。

ただし、日本の場合、BSC(Balanced ScoreCard)を利用した経営管理は欧米ほど定着しておらず、財務指標を用いた経営管理が主流です。このため、経営者は定型帳票と呼ばれるツールを利用し、単純にその指標の結果だけを確認するケースが多く見受けられます。経営ダッシュボードを使うケースでも、どちらかと言えば各財務指標を一見して分かりやすくする工夫の1つとして利用しています。

ビジネス・インテリジェンスを構成する要素(2)

OLAPツールは、マーケティングから営業企画まで幅広い用途で利用されています。このツールは、スライス&ダイスやドリルダウンなどの機能を用い、仮説立案後の結果検証にも用いられます。コンピュータ・リテラシの高い経営者やマネージメント層の方の中には、非定型分析を行う目的でOLAPツールを使う方もいます。

営業部門やスタッフ部門など、最も多くのユーザーが利用しているツールが定型帳票です。売上分析レポートや顧客分析レポートなど、日常の意思決定で必要になる情報が、それを通じて提供されます。また、日本特有の複雑な罫線(けい線)にも対応できます。OLAPツールを利用して仮説検証した結果、それが有用であると判断された場合、その分析が定型帳票化されるケースもあります。

分析にはさまざまなものがありますが、高度化のステップとして、最も簡単なレポーティング(定型帳票)から、非定型分析(OLAP)、統計解析、データ・マイニングという順番で難易度が上がると言われています。このうち、統計解析やデータ・マイニングなどに関しては、また別の機会に解説いたします。

今回は、BIを構成する製品の選定を行う場合に、どのような部分に気を付ければよいかを解説します。次ぺージから、実際にいくつかのユーザー事例を紹介しながら、製品選びの課題と解決方法を示します。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 ソリューション営業第3部DWH/BIソリューション課
2002年伊藤忠テクノソリューションズ株式会社に入社以来一貫してBI/DWH分野を担当。ETL、BIの製品サポート業務を経験した後、業種業態を問わず様々なプロジェクトへの技術支援を経験、現在はBI/DWH分野におけるマーケティング、プリセールスを担当している。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています