PR

DWHの定着化とBICC、活用促進

2010年3月31日(水)
長谷川 武
定着化の難しさ

定着化の難しさ

これまで4回にわたり、データ・ウエアハウス(DWH)の構築を成功に導くノウハウを解説してきました。最終回の今回は、最後に問題になる「定着化」について解説します。

筆者はよく、ユーザー企業のDWHの責任者から「DWHをエンドユーザーに使ってもらうためには、どうしたらよいのか」という質問を受けます。また、DWHの構築に成功したユーザーから「実はあまり使われていません」という意見を聞くこともしばしばです。

筆者は、こうした意見を耳にするたびに、ショックを受けるとともに、もったいないと感じていました。

なぜDWHが定着しないのか、定着しない原因は何なのか。今回は、これについて解説します。

まず、DWHが定着しない原因は、大きく以下の2つに分かれます。

  1. DWHの基本機能を欠いた場合
  2. 利用者のITレベルに合わせた導入がされていない場合

それぞれについて解説します。

(1)DWHの基本機能を欠いた場合

DWHは、「信頼性」、「拡張性」、「機能性」、「可用性」、「簡便性」のどれか1つが欠けても、うまく機能しません。

基本機能を欠いた場合、エンドユーザーから上がってくる声は、以下のようなものになります。

  • 「データが信用できない」
  • 「必要な情報が入っていない」
  • 「情報が更新されていない」
  • 「使いにくい」
  • 「使いたい時間に使えない」
  • 「操作がわからない」

読んで分かる通り、DWHの基本機能を欠くというのは、定着化以前の問題です。第1回から第4回まで全編を通して、失敗事例をもとに説明してきたことです。

基本機能を欠いてはならないといっても、必要以上に肩に力を入れてシステム構築に対峙(たいじ)する必要はありません。DWHは成長するシステムです。取り掛かり時の“お作法”というか、最初の方向性さえ間違っていなければ、エンドユーザーに育てられていくからです。

仮に、ここでは、DWHの構築/リリースまでは順調に進んだとします。次に問題となるのは、利用者のITレベルに合わせた導入がされていないケースです。

(2)利用者のITレベルに合わせた導入がされていない場合

DWHをエンドユーザーに育ててもらうためには、ユーザーがついていける習得目標を設定したり、越えられる程度のハードルだったりする必要があります。

利用者のITレベルに合わせた導入がされていない場合のユーザーの声は、以下のようなものになります。

  • 「操作マニュアルを読むのが面倒」
  • 「専用端末しか対応していないので、自分のパソコンから使えない」
  • 「そもそも何ができるのか分からない」
  • 「パソコンで分析ばかりやっていると、遊んでいると思われてしまう」

こうした悲惨な状況に陥らないためには、「何のためのDWHなのか」、「どんなことができるのか」、「どうやったら使えるのか」を社内にPRする必要があります。このうえで、トレーニングや社内勉強会に積極的に参加してもらい、分析のITレベルを向上してもらう必要があります。

定着化とは何か

定着化とは何でしょうか。それは、システムを使うことによって情報収集が簡単で早くなり、業務効率が格段に上がることです。

営業部を例に考えてみましょう。

DWHを使うと、新人でも、先輩のノウハウ(=ベスト・プラクティス)をまねすることが可能になり、早い時期から営業効率を高めることができます。

一方、先輩の方でも、DWHによって効率よく商品・顧客・サービスのデータを一体化させることが可能になり、誰にいつどんなサービスを提供すべきかを探ったり、既存顧客の単価を上げたり、新規顧客を開拓したりできるようになります。

一般に、営業部全体では、「2割は優秀」、「6割は普通」、「2割は新人またはお荷物」と言われています。

ここで、優秀な人は、DWHがあろうが無かろうが、自分の人脈でデータを集めて情報に組み上げて活用しています。

DWHのキー・ポイントは、ここにあります。

DWHには、自社の営業ノウハウの基本が入っています。このことをみんなが知っていることが重要なのです。

だから、市販のテンプレートや他社のKPI(重要業績評価指標)では駄目なのです。独自のKPIには、自社の商品やサービスが顧客に認められている理由、言い換えればベネフィット(便利さ、享受する利益)が表れているからです。

ベネフィットのとらえ方を、「6割の普通の人」や「2割の新人またはお荷物」がまねをして営業活動に生かすことにより、営業部全体の底上げが可能になるのです。

次ページからは、DWHの定着を支援する組織の重要性と、その運営方法について解説します。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 ITコーディネータ
大手ソフトハウスでのPM経験を経て、1997年より伊藤忠テクノソリューションズ株式会社に所属。以来ずっとDWH・BIを専門にプリセールス、要件定義から定着化まで業種・業態を問わず、10年以上全国延べ600社・700部門の企業の経営者、管理者、担当者の方とお会いし、幅広くコンサルティングを行っている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています