PR

ApacheCon North America 2017:The Apache Wayの理想と現実

2017年6月21日(水)
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
オープンソースソフトウェアを管理運営する団体として著名なApache Software Foundation(ASF)が主催するApacheCon North America 2017がマイアミで開催。「The Apache Way」と呼ばれるASFの基本理念は、非常に具体的なものであった。

夕方から始まった2日目のキーノートセッション

2017年5月16日から18日までマイアミで開催されたApacheCon North America 2017の2日目は、キーノートセッションが夕方から始まるという変則的なスケジュールとなった。午後4時過ぎから始まったキーノートで最初に登壇したのは、ベンチャーキャピタルであるLightspeed Venture PartnersのSudip Chakrabarti氏だ。このキーノートではベンチャーキャピタリストからの目線で、IoTにどのくらい市場性があるのか、テクノロジーはどのくらい成熟しているのかなどが語られた。ITベンチャーに多く投資を行っている経験を活かして、かなり楽観的な見方が示された。

特にIoTから出てくるデータの活用という部分においては、Apache Sparkに代表されるオープンソースソフトウェアが重要な役割を果たしており、これからもIoTの活用事例は広がっていくだろうという予測を語った。

IoTに対する将来予測をプレゼンテーションするChakrabarti氏

IoTに対する将来予測をプレゼンテーションするChakrabarti氏

次に登壇したのはIBMのJohn Thomas氏。Thomas氏はIBMのAnalytics部門のDirectorである。ここでは機械学習とApache Sparkについて「Machine Learning & Apache Spark: A Dynamic Duo」と題されたプレゼンテーションを行った。機械学習の基本的な概要、ユースケースなどについて概観した上で、IBMがApache Sparkについて利用と貢献の両側面で多大な努力を払っている点を紹介した。これは初日のキーノートでASFのプレジデントであるSam Ruby氏が「ASFは一つのベンダーがあるプロジェクトに大きな貢献をしているという宣伝はしない。あくまでも個人としての貢献であり、その個人の所属は無関係」と静かに語ったのとは真逆の言い回しで、いかにも最近バズワード化している機械学習とビッグデータのビジネスで存在感を示したいIBMの願望が曝け出された格好となった。

今回のカンファレンスの最大のスポンサーがIBMなので、この部分についてはASFからダメ出しはできなかったということだろうか。

機械学習とSparkについてプレゼンテーションを行うIBMのThomas氏

機械学習とSparkについてプレゼンテーションを行うIBMのThomas氏

2日目の最後のキーノートに登壇したのは、ケーブルテレビやISPなどのサービスを提供するComcastのOpen Source PracticeのDirectorであるNithya Ruff氏である。ここでは「Apache Projects and Comcast's Journey to Open Source」と題された内容で、オープンソースソフトウェアとの関わりについてセッションを行った。Netflixに隠れてあまり目立たないComcastだが、ユーザーの要望に答える形でマルチデバイス、オンデマンド、レコメンデーションなど様々な機能を、オープンソースソフトウェアを駆使して実装していると説明。特にASFのソフトウェアはSparkを初めとして多く活用しており、「ASFのソフトウェアがなければ今のComcastのシステムは実現できていない。なので、企業としてもっと支援を強化する。スポンサーシップについてもレベルを上げる」と発言したところで、会場から思わず拍手が起こったのは興味深い現象だった。

Comcastが活用しているASFのプロジェクト例

Comcastが活用しているASFのプロジェクト例

ここでは小さな魚が多く集まって協調して動くことで、大きな魚を凌駕できることを例に挙げて、ASFのエコシステムが多くのプロジェクトによって成り立っており、結果的に大きな流れを作っていることを解説した。

Apacheが右側の魚群という位置付けだ

Apacheが右側の魚群という位置付けだ

さらにApache Traffic Controlというプロジェクトに関して説明を行った。これはComcastが実際にIPベースの映像配信に利用しているオープンソースのソフトウェアで、CDN(Content Delivery Network)で利用されるキャッシングサーバーを制御するアプリケーションであるという。Traffic Controlは、ASFのインキュベーションプログラムとして採用されている。これをComcastとして率先して開発を行うことで、多くのデベロッパーを採用することができ、コミュニティに対しても良い貢献ができていると語った。

ComcastがリードするCDN、Apache Traffic Control

ComcastがリードするCDN、Apache Traffic Control

2日目のキーノートセッションは、このイベントのプラチナスポンサーのIBM、そしてビデオ撮影のスポンサーであるComcastに宣伝の場を与えたとも言えるもので、企業よりも個人の貢献を重視したいASFにしては最大限の譲歩といったところだろう。非営利でありながら、イベントなどのコストのかかる部分にはスポンサーの力を借りなければ立ち行かない現実を見たという気分になるセッションだった。

ブレークアウトセッションThe Apache Way

しかしこの日のトピックは「The Apache Way」と題された6つの連続したブレークアウトセッションで、これはASFの中のプロジェクトやユースケースに関するセッションではなく、ASFがどのようにソフトウェア開発プロジェクトを統治するのか、その原理・基本は何かについて解説するものだ。

Shane Curcuru氏のプレゼンテーション

Shane Curcuru氏のプレゼンテーション

セッションのタイトルを並べてみよう。

  • Effective Open Source Project Management
  • A Tale of Two Developers: Finding Harmony Between Commercial Software Development and The Apache Way
  • From @dev to @user to the Apache Way
  • Apache Way Panel: Software is Easy; People are Hard
  • The Apache Way for Business
  • Committed to the Apache Way

このような内容のセッションを、午前から午後にかけて同じ部屋でぶっ続けに行うものだった。

特に最初に登壇したASFのBrand ManagementのVPであるShane Curcuru氏のセッションは、前日のSam Ruby氏が説明した「ASFとは?」をより詳細に解説するもので、特にプロジェクトに悪影響を与える人物について「Don't be a jerk; avoid poisonous people」というメッセージで、より明確に排除するべきと解説した。

コミュニケーションにおける注意点:「嫌な奴になるな!」

コミュニケーションにおける注意点:「嫌な奴になるな!」

以下のリンクは、Curcuru氏が引用したGoogleのエンジニアのトークで1時間に渡って悪影響を及ぼす人物を避けるべき様々な要因について解説しているものだ。

Google I/O 2008 - Open Source Projects and Poisonous People

Apache Wayではコミュニティの定義についても厳格で、「Apacheのプロジェクトを通じてのみ接触がある個人」を「一緒に生活をしていない」「一緒に働いていない」「お互いを知らない」と定義することで、同じ会社のエンジニアがグループでプロジェクトに参加してプロジェクトの舵を取ろうとする行為を暗に戒めているとも言える内容だった。

ASFによるコミュニティの定義

ASFによるコミュニティの定義

そして特徴的なのは、コミュニティにはコードを書くプログラマーだけではなく、テスターやマニュアルなどを書くライター、そしてユーザーまでも含んでいる点だ。これはこのセッションで常に語られていた特徴で、コードを書く人間だけが認められるわけではなく、デザイナーやライターも含むべきだということが繰り返し述べられた。

また別のスライドでは、「コミュニティのメンバーは個人であって企業の社員ではない」ということが明記されている。つまりここでも、企業が自社のメリットのために社員を参加させることを戒めていると言えよう。

また開発のプロセスについては「ミーティングも投票も全てを公開の場所で行う」と明記されている。またこれは、後から参加する新規のメンバーにとっての学習のためであるとも記されている。

次に登壇したClouderaの若いエンジニアの2名のセッションは、寸劇を利用してASFのプロジェクトに参加した新人エンジニアが先輩のエンジニアに疑問をぶつけながら、The Apache Wayを実践していくというものだ。

ここでも「嫌な奴は許されない」と明記

ここでも「嫌な奴は許されない」と明記

このスライドでは「Apacheプロジェクトでは独裁者は許されない。たった一人の独裁者がプロジェクトを台無しにする」と明記されている。

ちなみに最後のセッションが終わった際に質問として「例えば、Linusみたいな人がApacheのプロジェクトにいることは許されますか?」と質問を向けてみると「それは良い質問だ。基本的にはダメだろうが、Linusのように、あるテクノロジーについて何もかも知っている神のような人がいたとしたら、そもそも別の扱いになるだろうね(笑)」ということだった。

コードを書くだけが重要ではないと強調

コードを書くだけが重要ではないと強調

総じて具体的で観念的になっていないところが、ASFの過去18年間の経験が詰まっているというのがThe Apache Wayへの感想だ。ただしASFの場合、コミュニケーションの全てが英語というのが基本になっており、英語でコミュニケーションを取れることは最低限の必要条件である。勇気を持ってコミュニティに飛び込むためには、最低限の英語によるコミュニケーション力が必要だ。また読み書きだけではなく、口頭での会話による意思の疎通が重視されてしまうのが今回のようなイベントなのだが、ApacheのコミュニティはガバナンスやCode of Conductがしっかりしているため、初めて飛び込むなら最適であろう。

著者
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載バックナンバー

仮想化/コンテナイベント

KubeCon報告からKubernetes対応版Dockerまで、Docker Meetup Tokyo #20開催

2018/1/30
コンテナーに関する勉強会「Docker Meetup Tokyo #20」が、2017年12月14日に開催された。11月に開催された「Docker Meetup Tokyo #19」に続く回となった。
仮想化/コンテナ

Red Hatが示したOpenShiftの将来とは

2018/1/24
Red Hatが推進するコンテナープラットフォームであるOpenShiftの1dayカンファレンスが開催された。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています