PR

Ajaxの動的更新を読み上げ

2008年9月11日(木)
志田 裕樹

追加、修正、削除を読み上げる「relevant」プロパティ

 次にTODOの追加、修正、削除をJavaScriptのみで行うサンプルを紹介します。サンプルを詳しく見ていく前に、このサンプル内で使用されている「relevant」プロパティ(http://www.hitachi.co.jp/universaldesign/wai-aria/ED_20080514/#relevant)の働きについて解説します。

 「relevant」プロパティは、ライブリージョンにどのような種類の変更が発生するか、という情報を明示するために使用します。

 「relevant」プロパティには次の4つの値から指定可能です。

・additions:要素の追加
・removals:要素の削除
・text:テキストの変更
・all:要素の追加、削除、またはテキストの変更

 例えば、「要素の追加」と「要素の削除」が発生する場合は、下記のようにスペース区切りで複数指定することが可能です。

relevant="additions removals"

 つまり、下記2つは等価です。

・relevant="all"
・relevant="additions removals text"

 relevantが指定されないライブリージョンでは、デフォルト値として、下記が適用されます。

relevant="additions text"

 Fire VOXでは、ライブリージョン内に変更が起こっても、「relevant」プロパティで指定されていないタイプの変更は読み上げません。このため、すべての変更をうまく読み上げさせたい場合は、「relevant」プロパティで正しく指定する必要があります。

要素の追加・修正・削除が発生するサンプルの解説

 では、動画「要素の追加・修正・削除が発生するサンプル」を確認しましょう。

 このサンプルでは、下記の2つのフォームがあります。

・TODOの追加
・追加されたTODOの修正、削除

 追加されたTODOのリストは、下記のように

    タグで表現されます。

      aria-live='rude'
      aria-relevant='additions removals'>


     個々のTODOは、この
      タグの子供である
    • タグとして追加・削除されます。この
        タグがライブリージョンとして定義され、「relevant」プロパティが「additions removals」に設定されているため、ユーザーが、TODOを追加すると、下記のように読み上げられます。

        「New、Think ITの原稿を書く」

         また、TODOを削除すると、下記のように読み上げられます。

        「removale、Think ITのサンプルを作る」

         次に、追加された個々のTODO(
      • タグ)内の表現を見てみると、
      • タグの中には、下記のようにTODOの内容がタグとして追加されています。


        Think ITの原稿を書く


         このタグがライブリージョンとして設定され、「relevant」プロパティは「text」となっているため、編集を行うと、下記のように読み上げされます。

        「Change、Think ITの原稿を修正する」

         このように、relevantを正しく設定することで、追加、修正、削除の動作を明示的に読み上げさせることができます。

         今回作成した3つのサンプルはこちらからダウンロード(http://www.thinkit.co.jp/images/article/133/2/13321.zip)が可能です(13321.zip/20.3 KB)。ライセンスはGPL Version 2になります。よろしければお試しください。

         また、ライブリージョンのサポート状況、利用現状については「ARK-Web Accessibility Wiki(http://www.ark-web.jp/accessibility/153.html)」を参照ください。

         次回は、WAI-ARIAに対応したJavaScriptウィジェットの例を見ていきます。
株式会社アークウェブ
取締役 CTO。2004年1月より株式会社アークウェブの創業スタッフとして勤務。SEとしてさまざまなWebシステムの構築に従事。オープンソースコミュニティーZen Cart.JPにてコミッターの役割を務め、Zen Cart、Ajax、Ruby on Railsなどの記事執筆も行っている。http://www.ark-web.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています