PR

データをDynamoDBへ保存&mockmockによるIoTシステムのテスト方法

2020年3月27日(金)
岡嵜 雄平

mockmockを利用して
クラウドアプリケーションをテストする

ここまでの手順で「人を検知したときにSlackへ通知するIoTシステム」は完成です。しかし、システムを運用するにあたり、一定の品質を担保するためのテストが必要です。

ユニットテスト

このシステムはデバイスがArduino言語(C/C++ベース)、クラウドのLambdaがRubyで実装されています。

ユニットテストの構成

デバイス上のソフトウェアのユニットテストは、実行環境やライブラリをシミュレートするといった工夫が必要となるものの、不可能ではないでしょう。

Rubyのソースコードはユニットテストフレームワークも多数あるので、それらを使えば容易にユニットテストが可能です。

本記事ではユニットテストの詳細については割愛します。

結合テスト

今回開発したシステムはそこまで大きなシステムではないため、デバイス・クラウドアプリケーションのそれぞれを結合してテストします。

結合テストの構成

多くの場合、ここで2つの問題が生じます。

  1. デバイスのテストで「データを送信できたこと」を確認する必要があるが、送信先のサーバがない。
  2. クラウドのテストで「データを受信したときにSlack通知すること/DynamoDBにデータを格納すること」を確認する必要があるが、データを送信するデバイスがない。

つまり、デバイス・クラウドの双方が鶏と卵のような関係になっています。

結合テストにおける鶏と卵問題

この関係を打開するため、mockmockを使います。

mockmockを使ったクラウドアプリケーションの結合テスト

mockmockはデバイスの代わりとなるmock(仮想デバイス)を用意して、デバイスの代わりにクラウドアプリケーションへデータを送信するサービスです。これにより、デバイスの開発完了を待たずしてクラウドアプリケーションの結合テストを簡単に開始できます。

mockmockを利用した結合テスト

なお、mockmockはmock1台までは無料で使えるので、読者の皆様もぜひお試しください。

IoT開発を加速する仮想デバイス作成サービス | mockmock

プロジェクトの作成

mockmockにログインし、まず最初に作成するのが「プロジェクト」です。

プロジェクト新規作成へ移動し、以下の通り入力します。

項目名 入力値
プロジェクト名 check_point
サーバータイプ AWS IoT Core
キャパシティ cn1
プロトコル MQTT
送信先ホスト IoT Coreの設定画面に表示されているエンドポイント
証明書ファイル IoT Coreで発行した証明書ファイル
秘密鍵ファイル IoT Coreで発行した秘密鍵ファイル
Root証明書ファイル こちらのページで取得したRoot証明書ファイル
SSL/TLS TLSv1.2

プロジェクト新規作成

入力が完了したら、「登録」をクリックしてください。

バリュージェネレーターの作成

次に、mockmockから送信するデータを定義します。mockmockでは「グラフ」「バケット」「位置」の3種類のバリュージェネレーターを利用できます。

今回は、人感センサーの仕様に合わせ、値を1または0を切り替えるためバケットバリュージェネレーターを利用します。

サイドメニューの「バケット」の新規作成をクリックし、パケットバリュージェネレーター新規作成へアクセスし、以下の通り入力します。

項目名 入力値
バケットバリュージェネレーター名 pir
送信ルール ランダム
データリスト 0を9行、1を1行

バケットバリュージェネレーター新規作成

10個のデータのうち、1つだけが1、残りは0となっています。これをランダムに選択して送信するため、10%の確率で1を送信します。

入力が完了したら、「登録」をクリックしてください。

データテンプレートの作成

続いて、データテンプレートを作成します。

サイドメニューの「テンプレート」の新規作成をクリックし、データテンプレート新規作成へアクセスして、以下の通り入力します。

項目名 入力値
テンプレート名 check_point
元になるjson { "detected": 1 }

データテンプレート新規作成

入力したら「登録」をクリックしてください。

次に表示された画面で「detected」の行をクリックし、モーダル上に以下の通り入力します。

項目名 入力値
integer
生成タイプ bucket
ジェネレーター名 pir
バケット

データテンプレートの設定

最終的にデータテンプレートはこのような構造となります。

データテンプレート最終形

株式会社Fusic
mockmockの運用・開発を担当するエンジニア、AWS Certified Solutions Architect – Professional。山口県出身。高専卒業後、関西にて組込みソフトウェアの開発を数年間経験。その後、福岡へJターン転職。同時にWeb/IoTエンジニアにスキルチェンジした。プライベートでは2児の父。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています