PR

データをDynamoDBへ保存&mockmockによるIoTシステムのテスト方法

2020年3月27日(金)
岡嵜 雄平

はじめに

前回は、AWSを利用してセンサーが人を検知したときにSlackへ通知するクラウドアプリケーションの構築手順を解説しました。

クラウドアプリケーションの構成図

今回は、このデータをデータベースに格納する方法と、mockmockを利用したテストの実施方法を解説します。

IoT Coreが受信したデータをDynamoDBに保存する

前回までの手順で、「人を検知したときにSlackへ通知する機能」は完成しています。ただし、検知した情報はSlack上にしか残っておらず、少々不便です。

例えば「時間ごとの人が通過した回数をグラフ化して表示したい」「人の通過が多くなる要因を分析したい」といったユースケースに備えて、データをデータベースに保存しておくと良いでしょう。

今回はデータベースとして、AWSが提供する完全マネージド型key-valueおよびドキュメントデータベースであるDynamoDBを使用します。

DynamoDBの準備

データを保存するためのテーブルを事前に作成しておきます。

DynamoDBのダッシュボードにアクセスし、「テーブルの作成」をクリックします。

クラウドアプリケーションの構成図

以下の通り入力します。

項目名 入力値
テーブル名 check_points
プライマリキー
(パーティションキー)
clientid (文字列)
ソートキーの追加 チェック
プライマリキー
(ソートキー)
timestamp (数値)
デフォルト設定の使用 チェック

DynamoDBテーブルの作成

入力が完了したら「作成」をクリックしてください。

IoT Core(DynamoDBとの接続)

IoT Coreのルールにアクセスして、「check_point」をクリックします。

アクションの設定

「アクションの追加」をクリックします。

アクションの追加

「DynamoDBテーブルにメッセージを挿入する」を選択して、「アクションの設定」をクリックします。

アクションを選択

以下の通り入力します。

項目名 入力値
テーブル名 check_points
Hash Keyのタイプ STRING
パーティションキー値 ${clientid()
レンジキー timestamp
Range key type NUMBER
レンジキーの値 ${timestamp()}

アクションの設定

「ロールの作成」をクリックします。

ロールの作成

「名前」に「iot-core-dynamodb」を入力して「ロールの作成」をクリックします。

ロールの作成

「アクションの追加」をクリックします。

ロールの作成

DynamoDBの閲覧

DynamoDBのダッシュボードにアクセスし、サイドメニューの「テーブル」をクリックします。

閲覧したいテーブル名をクリックします。表示されたタブのうち「項目」タブを選択すると、テーブルに格納されているデータを閲覧できます。

DynamoDBテーブルの閲覧

株式会社Fusic
mockmockの運用・開発を担当するエンジニア、AWS Certified Solutions Architect – Professional。山口県出身。高専卒業後、関西にて組込みソフトウェアの開発を数年間経験。その後、福岡へJターン転職。同時にWeb/IoTエンジニアにスキルチェンジした。プライベートでは2児の父。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています