PR

Aeroが動くデスクトップの片隅でシェル生活

2008年6月13日(金)
のに子

本当に貧弱なのは誰だ

 幾多のステップと待ち時間を経て構築したUNIXベースアプリケーションサブシステム「SUA」とそのユーティリティ。だが起動メニューから使えるものは異種のシェルが3つだけ。

 まあ試してみようじゃないの。と思った次の瞬間脳裏に響いたものがありました。「だがお前はそれでナニを試そうというのか、のに子よ」。

 そうでした。ワタシ、SolarisでもLinuxでも結局はアイコンポチリのブラウザバビョーンので生きて来たのです。シェルで何かヤレったって先週のpwdとlsを出しちまったらもうロクなタマはありゃしません。

 思わずインプレスITさんあてに「この前の記事は将来の原案が朗詠してしまったことにしてくれませんか」と誤変換含みのメールを出しかけた瞬間、脳裏に響いたものがありました。「これ、むしろシェルをモノにするいい機会じゃないの」。

 そうです。サーバOSとしてUNIXを扱うなら、GUIは使えないことのほうが多いはず。この貧弱、いえストイックな環境を利用して、今こそ「GUIの虫」から脱皮と行こうじゃないですか。ワタクシ決意しました。

 「SUAの作業にVistaのGUIはノーサンキュー!このシェルの黒地に白文字の世界から一歩たりとも出はしないわッ」

シェル生活はまずブラウザから

 まずこのKorn Shellについての情報をインターネットで探すことにしましょう。ワタシはFirefoxを使っています。

 「ちがーうッ」

 今「シェルしか使わない」ゆーたばかりやないかッ(偽関西弁)。だからWebページもシェルから見るのッ。

 もちろんSUAにそんなものはありません。アレを導入するのです。「Lynx」、シェルから使えるテキストベースのWebブラウザです。

 となるとそれを入手するのにFirefoxを使うのはノーカンです。Lynxのダウンロード一覧ページ(http://lynx.isc.org/lynx2.8.5/index.html)に行き着いて、目的のリンクをクリックしようとしたときに頭の中で警笛がピピーと鳴りました。「キツネタイム終了」。

 そうです。ココからはシェルで行ける。SUAの「ftpクライアント」をKorn Shellから操作するのです。

本名・清水美樹。「パソコンはたしなむ程度」から、36歳主婦業に転じ、以来8年間コンピュータを独学。マンガは小学校から。三者の進捗状況は夫によると「同レベルだな」。以前の専攻は選鉱学(いやマジで)・素材工学で、実験一筋。執筆業は読者投稿から。得意分野はこれでもかというほど簡単な入門書。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Aeroが動くデスクトップの片隅でシェル生活 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。