PR

レイアウトのカスタマイズ

2009年3月9日(月)
NORI(伊藤のりゆき)

レイアウトとウィジェット、ウィジェットセット

 前回、MTのインデッックステンプレートから出力される「メインページ」(=index.html、トップページ)のカスタマイズを行いました。実は、そのトップページの右カラムは「ウィジェットテンプレート(以下、ウィジェット)」というものを組み合わせてつくられます。

 「ウィジェット」とは、1つの機能を持ち、それぞれが独立したパーツのことです。例えば、アイテム一覧(画像サムネイル)、カテゴリー、最近のコメント、「Powerd ByMT4」リンクバナーなどがあります。

 このウィジェットでできたページは、ウィジェットの配置を変更するだけで、レイアウトを修正できます(図1)。例えばウィジェット単位で、表示のオン・オフができたり、表示順序を変更したりできます。さらにそれらの指定はMTタグを書かずにマウスのドラッグ&ドロップで行えることが特徴です。

 このウィジェットの配置やどれを使うかなどを指定するだけでもMTのカスタマイズは可能です。そこで今回は、ウィジェットを使ったレイアウトの調整から、ウィジェットの自作までを紹介していきます。

 先ほど「ウィジェットはパーツである」という話をしました。そのウィジェットを1つのレイアウトとしてまとめておく箱を「ウィジェットセット」と呼びます。MTでレイアウトを変更するときは、ウィジェットセットを切り替えるか、ウィジェットセットの中の構成を変更します。前者はMTタグを使用する必要がありますが、後者の方法であればウィジェットのドラッグ&ドロップだけで可能です。

ウィジェットとテンプレートモジュール

 デフォルトのテンプレートでは、どのようにウィジェットが使用されているか見ていきましょう。

 インデックステンプレートの「メインページ」を開くと次のようなコードが見つかります。



 これは「サイドバー」という「テンプレートモジュール」を読み込んでいます。「テンプレートモジュール」とは、テンプレートをバラバラにして再利用しやすくしたパーツ(モジュール)のことで、ウィジェットと使用方法が異なるだけで内容は同じです。インデックステンプレートなどはhtmlファイルに対応したMTタグの集まりですが、テンプレートモジュールはファイルにはならないようなもっと小さな単位で使用するMTタグの集まりです。

 再利用したいMTタグの塊をテンプレートモジュールとして登録し使用します。デフォルトでは、htmlのmeta情報を出力する「HTMLヘッダー」などがMTタグといっしょに登録されています。しかし、このテンプレートモジュールは、MTタグを使用せずテキストだけの状態でも利用できます。

 「デザイン」メニューのテンプレートを開くと、上から3つ目の段にテンプレートモジュールがあります。テンプレートモジュールは、いくつでも作れますので、再利用したいパーツはモジュール化してタグで「module」モディファイアを使用して読み込み、活用すると良いでしょう。

 テンプレートモジュールとウィジェットは、呼び方が異なるだけでほとんど同じです。テンプレートモジュールはタグで「module」モディファイアを使用しますが、ウィジェットは「widget」モディファイアで指定するか、ウィジェットセットの中で使います。

 次のページではデフォルトで登録されている「アイテム」ウィジェットをカスタマイズしましょう。

著者
NORI(伊藤のりゆき)
有限会社トゴル・カンパニー(http://togoru.net/)代表、ロクナナワークショップ講師(http://67.org/ws/instructor/nori.html)。ロクナナワークショップでは「NORIのFlashユーザーのためのMovable Type講座(http://67.org/ws/workshop/detail/060mt.html)」など、主にFlash+αを担当。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています