PR

アーカイブのカスタマイズ

2009年3月16日(月)
NORI(伊藤のりゆき)

アーカイブとアーカイブマッピングとは

 前回までは、インデックステンプレート(トップページ、index.html)のカスタマイズを紹介しました。

 インデックステンプレートは、1つのテンプレートから1つのhtmlファイルを生成します。今回取り上げるアーカイブテンプレートは、1つのテンプレートから複数のhtmlファイルを生成するものです。

 そのMTで出力するアーカイブを種類で分けるとデフォルトで大きく3種類あります。

・カテゴリーごとの「カテゴリー別ブログ記事リスト」
・月ごとの「月別ブログ記事リスト」
・記事単位に作られる「ブログ記事」

 アーカイブは、アーカイブマッピングという設定によって、そのテンプレートが何を対象に複数のhtmlをどんな名前でどこに生成するのかを指定します(図1-1)。

 アーカイブテンプレートを新規に作成する時は「ブログ記事」か「ブログ記事リスト」のどちらかを選ぶ必要があります。前者は「ブログ記事」しか対象にできません。後者は「日別、週別、月別、年別、ユーザー別、カテゴリー別」と分かれています。ユーザー別とカテゴリー別は、さらにそれぞれを日別、週別、月別、年別にすることが可能です。

 アーカイブマッピングの種類を指定することで、そのテンプレートが何別で出力されるのか、つまりどの条件(カテゴリー別とか月別など)でブログ記事を分割するのかを指定することができます。

 このように、MTはそのアーカイブマッピングにしたがってブログ記事を分類します。htmlを生成するため「カテゴリー別ブログ記事リスト」では、それぞれのブログ記事が所属するカテゴリーに分配されたファイルになって出力されます。

カテゴリーをカスタマイズ

 ブログ記事を新規作成する画面で、カテゴリーも同時に追加することができます(図1-2)。

 そのときの「出力ファイル/フォルダ名」は自動的に「Cat○」となります(○は数字)。この「出力ファイル/フォルダ名」は、外部から見えるURLに影響します。URLを意味のあるものにしたい場合、「出力ファイル/フォルダ名」を指定する必要があります。

 「出力ファイル/フォルダ名」を指定するには、「一覧 > カテゴリー」から「カテゴリーの管理」を開きます。「出力ファイル/フォルダ名」は、ロックされているので、ロックボタンをクリックして編集可能にしてから再設定します(図1-3)。

 また、「出力ファイル/フォルダ名」を変更するとファイルパスが変わるので「すべてを再構築」する必要があります。

 なぜなら、「テンプレートの設定:アーカイブマッピング」で使用しているMTタグ「」は、このカテゴリーの編集画面にある「出力ファイル/フォルダ名」を参照しているため、ここの値を書き換えると出力ファイルのパスに影響するからです。

 また、カテゴリー名自体も、カテゴリー管理画面で同様に変更できますが、の「category」モディファイアを使用している場合、注意が必要です。

 テンプレートをカスタマイズしている場合は、カテゴリーのカスタマイズを慎重に行う必要があるでしょう。

 次のページでは、ブログ記事別に出力されるアーカイブファイル名をカスタマイズしていきます。

著者
NORI(伊藤のりゆき)
有限会社トゴル・カンパニー(http://togoru.net/)代表、ロクナナワークショップ講師(http://67.org/ws/instructor/nori.html)。ロクナナワークショップでは「NORIのFlashユーザーのためのMovable Type講座(http://67.org/ws/workshop/detail/060mt.html)」など、主にFlash+αを担当。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

アーカイブのカスタマイズ | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。