PR

MS系クリエイティブの世界へようこそ

2008年7月1日(火)
後藤 雄介

新たな.NET Framework

 AIR、Silverlight、JavaFX…。最近、RIAを取り巻くテクノロジが急ににぎやかになって参りました。これまで、Flashしか触ったことが無い方は、漠然とした不安を抱えつつ「自分も何か新しいプラットフォームの勉強をしなくては」と思いながら、とりあえずAIRに手を出して…というような感じではないでしょうか。でもちょっと待ってください。AIRも良いですけど、MicrosoftからもRIAのプラットフォームがリリースされていることはご存じでしょうか。

 Windows Vistaがリリースされて早くも1年以上が経過しました。さまざまな機能追加がなされましたが、開発者に縁の深い要素として、新たに搭載された.NET Framework 3.0があります。.NET Framework自体の説明はここでは割愛するとして、この中でもクリエイティブとして注目すべき機能は、WPF(Windows Presentation Foundation)です。

 これは、.NET Frameworkのさまざまな機能のうち、その名の通り表示にかかわる部分をつかさどるフレームワークです。特徴としては、従来のWindows Forms特有の平板で退屈なUIに代わり、Flashなどでもおなじみのリッチでインタラクティブな画面を、.NET系の言語に精通していなくても作れるということが挙げられます。

UI記述言語:XAML

 これまで、Windows系アプリケーションのUIを作る際には、Visual StudioなどのGUIで操作が可能とはいえ、前提としてC#やVBなどの.NET系開発言語のスキルが求められてきました。結果的にデザイナーがプロジェクトに参画し難く、アプリケーションのUIに高度なユーザビリティを実装することは、なかなかに面倒くさい作業でした。

 WPFでは、XAML(eXtensible Application Markup Language)というUIの記述言語を使用することで、.NET系言語に熟知していなくても、リッチなUIが開発可能になりました。このXAMLには、レイアウトやカラー、テキストなどのアプリケーションの表示にかかわる構成要素がXMLで記述されています。その内容は、アプリケーションコンパイル時にC#などの.NET系言語で記述されたロジック部分と完全に統合され、作成したアプリケーションのUIとして表示されます。

 このXAMLはもちろん手書きで地道に書いていくことも可能ですが、後述するExpression Studio(http://www.microsoft.com/japan/products/expression/)というデザイナー向けアプリケーション製品群を使用することで、グラフィックソフトによる画面編集や、タイムラインによるアニメーション編集などが可能です。そしてそれらのアプリケーションで保存したXAMLは、そのままVisual Studioで開くことが可能です。つまり、XAMLを使用することで、デザイナーとプログラマーのコラボレーションが容易になるのです。

株式会社アゼスト
UX・情報アーキテクト。広く・浅く・普くをキーワードに、クライアントサイド・サーバサイドの様々なテクノロジーを囓り散らす。UXとアーキテクチャを主軸に、アプリケーション開発における上流設計を専門とする。またその傍ら、マラソンやトライアスロンを趣味とし、日々トレーニングに勤しむ。http://www.azest.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています