PR

なぜMS系でクリエイティブか?

2008年7月29日(火)
後藤 雄介

Webにおける表示テクノロジーの変遷

 最終回となる今回は、Silverlight、FlashをはじめとするRIAテクノロジーが注目される中、制作会社として何を押さえておくべきかについて紹介します。

 Silverlightというテクノロジーを考えるとき、一番身近な存在としてのFlashは誰にでも容易にイメージがわくと思います。これらのいわゆるRIA(Rich Internet Applications)テクノロジーの共通の特徴を挙げるなら、それは「Webブラウザにプラグインを導入することで稼働するプラットフォーム」「クロスブラウザ・クロスプラットフォーム」「非同期通信と、クライアントサイドでのダイナミックな表示」の3つの項目になるでしょう。

 これらのRIAテクノロジーに対して、単純なHTMLやAjaxなどとのかかわりは、図1のようになります。

 単純な静的HTMLから、ASPやJSPなどのサーバーサイドで動的に生成されるHTML、Ajaxというサーバーと非同期で動作するクライアントテクノロジー、そしてFlashやSilverlightなどのブラウザプラグインを必要とするが、HTMLの表示構造からは切り離されたWebアプリケーションとして動作するRIAプラットフォームという流れです。

 最近では、Ajaxも非常に成熟してきており、案件や予算によってはJSPやPHPのバックエンド+Ajaxのフロントエンドなどの組み合わせで、システムとして十分な場合も少なくありません。

 では、なぜそこに、RIAというAjax以上にリッチなプラットフォームが必要とされるのでしょうか。

RIAの必然性

 ここで言うリッチとは、見た目が優れているということではなく、そこで実現される体験がリッチということです。

 Webブラウザが何かを閲覧するための道具にしか過ぎず、その中で動くアプリケーションも基本的には閲覧ツールの延長上の産物でしかなかったころは、それなりの機能で十分でした。しかし今、私たちはブラウザを通じてネットの世界にあるモールで買い物をし、何かの申し込みをし、他者に対して積極的に情報を発信しています。それはもはや、何かの作業を遂行するためのアプリケーションであり、私たちはそこに自然と、デスクトップ並みの操作性を求めています。そしてそれを実現するのが、RIAテクノロジーなのです。

 では、RIAで実現されるリッチさとは何なのでしょうか。それには大きく分けて「ユーザビリティ(操作性)」「レスポンシビリティ(応答性)」「メンテナンシビリティ(保守性)」の3つが挙げられます。

 ユーザビリティについては、ユーザーに伝えたい情報の構造と、ユーザーから受け取りたい入力内容に応じた、きめ細かなインターフェースの提供、それによって実現される操作性が挙げられます。

 レスポンシビリティについては、非同期通信によって実現されるページ切り替えのない連続的なデータ表示と、クライアントサイドでViewを直接操作可能なことによる、表示切り替えの軽快さが挙げられます。

 メンテナンシビリティについては、画面表示のための処理(プレゼンテーションレイヤ)と画面には表示されないが裏側で動作する様々な処理(ビジネスロジックレイヤ)の物理的な切り離しによる、アプリケーションモデルのシンプル化と、それによる各レイヤ同士のコラボレーション実現が挙げられます。

 とはいえ、これまでRIAテクノロジーの世界にはFlashというデファクトスタンダードが君臨し続けていました。なぜ今さらそこに、Microsoftが乗り出すのでしょうか。

株式会社アゼスト
UX・情報アーキテクト。広く・浅く・普くをキーワードに、クライアントサイド・サーバサイドの様々なテクノロジーを囓り散らす。UXとアーキテクチャを主軸に、アプリケーション開発における上流設計を専門とする。またその傍ら、マラソンやトライアスロンを趣味とし、日々トレーニングに勤しむ。http://www.azest.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています