PR

Silverlight 4の概要と、開発環境の構築

2010年6月7日(月)
PROJECT KySS

いまSilverlightを始めるべき理由

2010年4月13日、Microsoft Visual Studio 2010および.NET Framework 4 製品版(英語)がリリースされ、同16日、Silverlight 4のダウンロード提供が開始されました。

本連載では、Visual Studio 2010正規版(英語)とSilverlight 4 Tools for Visual Studio 2010(英語)を用いて、サンプルの作り方を紹介しながら、Silverlight 4の新機能をお伝えします。

Microsoft Silverlightは、動画やアニメーションを用いた、リッチなWebアプリケーションを開発・配信するための開発フレームワークです。Silverlight 4からは、開発フレームワークの枠を超えた、インターネット・メディアのプラットフォームへと変ぼうを遂げています。

今後、アプリケーションやコンテンツ、グラフィックや動画などの素材、そしてデータを公開する場所が整備されるにつれ、Silverlightは、「インターネットのメリットを最大限に引き出す、アプリケーション・コンテンツ・データのプラットフォーム」になっていくことでしょう。「いつでも、どこでも、何にでも、Silverlight」という時代も間近かもしれません。

図1:Silverlight 4は、さまざまな環境の制約を意識することなくデータを流通させるプラットフォームになっていく

Silverlightアプリケーションは、PCでも携帯端末でも利用できるようになります。デジタル家電や、公共の場でのMicrosoft Surfaceを使うような局面でも用いられるでしょう。

アプリケーションの配置場所も、Webサーバーだけではありません。一度開発したSilverlightアプリケーションは、Webアプリケーションとしてクラウドに置くだけでなく、デスクトップ・アプリケーションとして実行させることもできます。

Officeとの連携やXAMLによるデータの視覚化効果で、業務用アプリケーションは確実にRIA化していきます。また、アニメーションや動画は、ゲーム開発やコンテンツ制作の世界も変えていきます。

Silverlightは、ビジネス&ホビー&ライフのすべての局面で利用されるようになるでしょう。

このような可能性は、Silverlight 2 の時点から明らかでした。アプリケーション開発は、とうの昔にGUI(Graphical User Interface)から、NUI(Natural User Interface)のフェーズに進んでいます。いまSilverlightを始める理由、それはいま始めなければ遅きに失するからです。

本稿の内容は、Microsoft社の公式見解やイベントでの発表内容を代弁するものではなく、筆者がいち開発者としての立場から述べたものです。

エンジニア主導開発を可能にする、Silverlight 4の開発環境

Silverlightアプリケーションを開発するには、Visual Studio およびExpression Blendが必要です。これはSilverlight 4になっても変わりません。

デザインやベクトルベースの素材制作には、Expression Designを用います(Adobe Illustratorという選択肢もあります)。ビットマップ画像の制作には、Adobe Photoshopなどを使うとよいでしょう(図2)。

Visual StudioとExpression Blendの連携には複数の方法があります。ビジュアル・デザインのコードをVisual Studioで記述することも、アニメーションの制御をExpression Blendによってコードレスで実装することもできます。どのような工程で、どちらを重点的に用いるかは、開発効率やスタッフの適性によってケース・バイ・ケースで決定するとよいでしょう。

ただし、Visual Studio 2010では、併用方法の選択肢が広がりました。従来は、コントロールのラフなレイアウトはExpression Blendで行う必要がありました。それがVisual Studio 2010では、デザイン画面上でレイアウトできるようになっています(操作手順は後述)。

これにより、デザイナとエンジニアの双方向コラボレーションが容易になります。また、アーティスティックな色彩やレイアウトを必要としない業務用Silverlight 4アプリケーション開発においては、エンジニア主導の開発が可能となり、開発効率の向上が見込まれることでしょう。

図2:Silverlightアプリケーション開発に必要なツールとその連携方法の例

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています