PR

Silverlight 4の印刷機能:画像編

2010年8月2日(月)
PROJECT KySS

ListBoxに表示させた画像一覧を、複数ページに印刷する

前回、「これからはじめるSilverlight 4」の連載で、Silverlight 4の新機能についてサンプルを紹介しながら、10回にわたって解説しました。今回の連載はその続編となるもので、前回は基本的なサンプルを紹介しましたが、今回はSilverlight 4の応用サンプルについて紹介していきます。10回の連載(前編5回と後編5回)になりますが、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

筆者の開発環境は、Windows7 Professional、Visual Studio 2010 Ultimate、Expression Blend 4です。前回の環境は、Windows 7 Professional以外は、すべて英語版を使用しましたが、日本語の環境が整いましたので、今回は、すべて日本語版の環境を使用します。これ以降、Visual Studio 2010 はVS2010、Expression Blend 4はBlend4と略します。なお、Expression Studio 4の試用版はこちらからダウンロードできます。

今回は、Silverlight 4でサポートされた印刷機能で、複数ページにまたがって印刷する方法を紹介します。前回の連載では1ページ内での印刷方法を紹介しましたが、今回は複数ページにまたがる印刷方法の紹介です。

実装する機能の動作は次の通りです。

まず、画像が縦一覧で表示されているListBoxコントロール(図1)の、上方にレイアウトされている[印刷]ボタンをクリックすると、画像が、横4列で複数ページにまたがって印刷されます。このサンプルでは、Microsoft XPS Document Writerを選択し(図2)、XPSファイルに書き出しています(図3)。もちろんプリンターでの印刷も可能です。

図2: 「プリンターの選択」からMicrosoft
XPS Document Writerを選択する
図1: ListBoxコントロールに画像が
縦一覧で表示されている
図3: XPSファイルに、横4列で複数ページに
画像が書き出されている

サンプル・ファイルはこちらからダウンロードできます。

※注意:書き出しが完了すると「完了」というメッセージボックスが表示されます。PCのスペックによっては、書き出されるまでに、数秒から数十秒を要する場合がありますので、必ず「完了」のメッセージを確認してから、XPSファイルを開いてください。「完了」が表示される前に、デバッグを終了すると、XPSが書き出されませんので、注意してください。

新規プロジェクトの作成と依存関係の設定

早速サンプルを作っていきましょう。

VS 2010のメニューから「ファイル(F) > 新規作成(N) > プロジェクト(P)」を選択します。本稿では開発言語にVisual Basicを用います。次に、「Silverlight アプリケーション」を選択して、「名前(N)」に任意のプロジェクト名を指定します。ここでは「SL4_Print」という名前を付けています。

.NET Frameworkのバージョンはデフォルトの「4」、「新しいSilverlightアプリケーション」の[オプション]の「Silverlightのバージョン(L)」も、デフォルトの「Silverlight 4 」のままで[OK]ボタンをクリックします。

本連載では取り上げませんが、VS 2010では、過去のバージョンの.NET Frameworkや、Silverlight 3を選択してアプリケーションを作り分けることができます(図4)。

図4: VS 2010では、過去のバージョンの.NET Frameworkや、Silverlight 3対応のアプリケーションを作ることができる

デフォルト設定で新規プロジェクトを作成すると、「プロジェクト名.Web」というフォルダが自動的に作成されます。このフォルダが作成された状態で、xaml.vbファイルやxamlファイルを編集して処理を記述後、「デバッグ(D) > デバッグ開始(S)」を実行すると、コードの変更が反映されなかったり、エラーが表示される場合があります。これは、SL4_PrintプロジェクトとSL4_Print.Webの依存関係が設定されていないからです。そこで、この段階で、依存関係の設定を行っておきます。

ソリューションエクスプローラ内のソリューションプロジェクト名を選択して、マウスの右クリックで表示されるショートカットメニューから、「プロジェクト依存関係(S)」を選択します。「プロジェクトの依存関係」ダイアログボックスの「依存先(D)」内のチェックボックスにチェックを付けます(図5)。

図5: 「プロジェクト依存関係(S)」を選択し、「依存先(D)」にチェックを付ける

新規プロジェクトの画面では、図6のように、上にMainPage.xamlの「デザイン」画面、下に「XAML」コードが表示されています。

VS 2010では、このデザイン画面上で、ツールボックスからコントロールをドラッグ&ドロップしてレイアウトすることができるようになっています。

図6: 上にデザイン画面、下にXAMLコードが表示される

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています