PR

MySQLやMariaDBでダウンタイム"ゼロ"を実現する「マルチマスター」解説 「MySQL InnoDB Cluster」、「Galera Cluster」の紹介

主催者: 
株式会社オープンソース活用研究所
日時: 
2018年11月21日(水) 15:00
会場(場所): 
株式会社スマートスタイル本社 マルチファンクションルーム

東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー22F

【DBMSの停止は重大問題】

情報システムの中核であるDBMS、その停止は重大問題です。

システムトラブルによる停止はもちろん、メンテナンスによる停止であってもお客様へのサービス提供が継続できなくなることは、ビジネス的にも大きなインパクトがあります。

【従来は「マスタースレーブ」】

従来、DBMSの可用性を高めるためには、「マスタースレーブ」方式が多く使われていました。
マスターとスレーブ間のデータ同期は通常非同期で行われるため障害時にはデータロスが発生したり、運用が複雑だったり、フェイルオーバーに数分程度の時間を要したり、と課題がありました。

【国内でも採用されている、ダウンタイム"ゼロ"を実現する「マルチマスター」】

近年、ビジネスにおける情報システムの重要性が増している中、Yahoo!JAPANを始めWebサービス事業者や大手通信キャリアのクラウド基盤、国内各種ECサイトなどで、ダウンタイム限りなく"ゼロ"に近づける「マルチマスター」方式の採用が急速に増えています。

【「MySQL InnoDB Cluster」、「Galera Cluster」を解説】

本セミナーでは、MySQLのスペシャリストである株式会社スマートスタイルに依頼し、「マルチマスター」の概要と技術について解説して頂くと共に、MySQLやMariaDBのマルチマスター・クラスターである「MySQL InnoDB Cluster」、「Galera Cluster」について説明して頂きます。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています