PR

DNSサーバBINDにDoS攻撃の標的になりうる脆弱性、JPCERT/CCが警告

2016年7月24日(日)

DNSサーバBINDに、DoS攻撃の標的になりうる脆弱性が発見された。細工された名前解決リクエストを受信することでsegmentation fault によってサーバが停止してしまう恐れがある。

この脆弱性は、lightweight resolverプロトコルに存在する。このプロトコル実装に、許容する文字列長を超える query name を含む名前解決リクエストを受信することで segmentation fault によってサーバが停止する問題が存在する。

影響を受けるバージョンは、「BIND 9.9.9-P1 およびそれ以前」「BIND 9.10.0 から 9.10.4-P1 まで」「BIND 9.11.0a3 から 9.11.0b1 まで」となっている。ISCは、この脆弱性を修正した「BIND 9.9.9-P2」「BIND 9.10.4-P2」「BIND 9.11.0b2」「BIND 9.9.9-S3」をリリース。ユーザは早期のアップグレードが推奨される。なお、BIND 9.8系列およびそれ以前の系列はサポート終了となっているため、系列のアップグレードが推奨される。

修正されたバージョンのISC BINDおよびISC DHCPは、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
JPCERTによるアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る