PR

BTSとMylynの連携

2012年2月15日(水)
近藤 寛喜

BTSとのコネクタをインストールする

   BTSとの連携をするためには、BTSとの接続をするためのコネクタをインストールする必要があります。Eclipse ProjectではBTSに「Bugzilla」が使われています。BugZillaとのコネクタは上記の通り、プロジェクトで使われているBTSである こともあり、Mylynが含まれているEclipse 3.3のパッケージには標準でインストールされています。

   日本ではBugZillaよりもTracの方がよく使われていると思いますので、Tracとの連携をするためのコネクタをインストールしてください。Tracと連携するコネクタは下記の更新Webサイトよりダウンロードすることができます。


Mylynの更新サイト(Eclipse 3.3用)
http://download.eclipse.org/tools/mylyn/update/e3.3
※対象ページ閉鎖

Mylynの更新サイト(Eclipse 3.2用)
http://download.eclipse.org/tools/mylyn/update/e3.2
※対象ページ閉鎖

   更新サイトの使用法は「第1回:タスクとコードをつなげるMylyn」で解説しましたので、そちらをご参照下さい。Tracのコネクタを使用する場合、チケットのクローズなど全機能を利用するにはTrac側にもXML-RPCプラグインを導入する必要があります。プラグインは下記のサイトからダウンロードして導入してください。

Trac Hacks - XmlRpcPlugin
http://trac-hacks.org/wiki/XmlRpcPlugin

   余談となりますが、日本で開発されてよく使われているTracのディストリビューション「Trac月」にはXML-RPCプラグインが標準で導入さ れています。Trac月とはWindows上でTrac環境を作るためのディストリビューションで、インストールするだけでほぼ設定することなくTrac の環境を作り上げることができるものです。


   BugzillaやTrac以外にも、MylynはJIRAコネクタを標準でサポートしています。これ以外のBTSと接続するために必要な汎用的な コネクタもMylynプロジェクトでは用意されています。ただし汎用的に使えるコネクタは別途設定が必要です。もし利用する場合はリンク先のドキュメント を参考にしてください。これらのコネクタは更新サイトが別途用意されています。

JIRAや汎用的なコネクタの配布先
http://download.eclipse.org/tools/mylyn/update/extras
※対象ページ閉鎖

汎用的なコネクタの使用方法
http://wiki.eclipse.org/index.php/Mylyn_User_Guide#・
Generic_Web_Repository_Connector

   またこれ以外にもサードパーティにて開発されているBTSとのコネクタがあります。現在サードパーティにて開発されているコネクタにはMantisがあります。

Mylyn-Mantis Connectorの更新サイト
http://mylyn-mantis.wiki.sourceforge.net/
サードパーティ製コネクタやブリッジ一覧
http://wiki.eclipse.org/index.php/Mylyn_Extensions

Task Repositoryの登録

   BTSとのコネクタのインストールができたら、Task Repositoryの登録を行います。Task Repositoryの登録は「Task Repositories View」上で行います。これは図2、図3のようにTask List View上のメニューから表示することができます。

Task List View上のカーソル付近にあるアイコン「arrow.jpg」を選択する
図2:Task List View上のカーソル付近にあるアイコン「arrow.jpg」を選択する

Task Repositories Viewを表示するメニューがあるので、選択する
図3:Task Repositories Viewを表示するメニューがあるので、選択する

   Task Repositories View上にアイコン「repository-new.gif」があります。これをクリックすると、「Add Task Repository」ウィザードが立ち上がります。

   各コネクタごとに登録する情報が違うため詳細に解説しませんが、リポジトリのURLなどを適切に設定し、最後に「Validate Setting」で設定を確認してください。例えば図4のように、BTSサイトのURLや認証情報の入力をします。

BTSへの認証情報を入力
図4:BTSへの認証情報を入力

   認証などがうまくできれば「Authentication credentials are valid.」というメッセージがWizard上に表示されます(図5)。

入力した情報がBTSに認証された
図5:入力した情報がBTSに認証された
株式会社チェンジビジョン

株式会社チェンジビジョンにて製品開発を行うかたわら、Eclipseプラグイン開発など、オープンソース活動に従事。OSGiなどアプリケーションのモジュール化技術に興味があり、趣味で実践し、仕事に生かしている。また、かんばんとスクラムなど、ソフトウェア開発に役立つ記事や書籍の翻訳活動にも従事している。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています