PR

LDAPとは何をするもの?

2005年9月8日(木)
森本 伸幸

LDIFファイル

LDAPにもDNSと同様に、ゾーンファイルのようなものが存在します。LDIF(LDAP Interchange Format)といって、中身は普通のテキストファイルです。どのようなことが記述されているかというと、DNSのゾーンファイルのように多数のマッピング内容が記述されています。

以下にLDIFのサンプルファイルを示しますので、このファイルを参考に説明します。

LDIFサンプル

#ルートノード
dn: dc=thinkit,dc=co,dc=jp
objectClass: dcObject
dc: thinkit

#メディア事業部
dn: ou=media,dc=thinkit,dc=co,dc=jp
objectClass: organizationalUnit
ou: media

#システム事業部
dn: ou=system,dc=thinkit,dc=co,dc=jp
objectClass: organizationalUnit
ou: system

#開発部
dn: ou=development,ou=system,dc=thinkit,dc=co,dc=jp
objectClass: organizationalUnit
ou: development

#ネットワークサービス部
dn: ou=network service,ou=system,dc=thinkit,dc=co,dc=jp
objectClass: organizationalUnit
ou: network service

#Nobuyuki Morimoto のエントリ
dn: cn=Nobuyuki Morimoto,ou=network service,ou=system,dc=thinkit,dc=co,dc=jp
objectClass: inetOrgPerson
objectClass: organizationalUnit
cn: Nobuyuki Morimoto
sn: Morimoto
telephoneNumber: 03-0123-4567
mobile: 090-0123-4567
description: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
 XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

上記のサンプルファイルをパッと見ただけではわかり辛いかもしれませんが、図1の形式にそって記述されているのです。

LDIFの形式
図1:LDIFの形式

さらに、サンプルファイルの構造を、DIT(Directory Information Tree:ディレクトリ情報ツリー)で視覚的に表現してみます(図2)。

ディレクトリ情報ツリー
図2:ディレクトリ情報ツリー

図2を見ていただければ、LDIFの構造が直感的にわかったかと思います。それでは、LDIFの重要な部分について説明していきます。

システム開発の現場にて、各種言語を使ったウェブプログラミングを経験する。その際構築したLAPP環境に興味を持ち、その過程でのサーバ構築や独自の勉強などを通し、オープンソースというものに魅かれるようになる。現在は基盤構築案件にて構築業務に従事しながら、Linuxやオープンソース技術についての研究をしている。    

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています