PR

Red Hat、サーバ設定自動化フレームワーク「Ansible Tower 3.1」リリース

2017年3月15日(水)

Red HatのAnsibleチームは3月14日(現地時間)、サーバ設定自動化フレームワーク「Ansible Tower 3.1」をリリースした。

「Ansible Tower」は、Pythonで実装されたサーバ設定の自動化を目指すフレームワーク「Ansible」を、Webブラウザから操作することができるツール。

「Ansible 3.1」では、ユーザインターフェイスが新しく日本語とフランス語に対応したほか、複数のPlaybookを結合することによって長いジョブを作成できる機能が追加された。また、スケールアウトクラスタリングの改良など、複数の変更が施されている。

「Ansible Tower 3.1」のトライアル版はWebサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス
Ansible Tower

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック