PR

Ethernet Alliance、既存のカテゴリー5e/6ケーブルを更に高速化するイーサネット仕様「IEEE 802.3bz」の規格化が完了

2016年10月3日(月)

Ethernet Allianceは9月27日(現地時間)、次世代のイーサネット仕様「IEEE 802.3bz」の規格化を完了したと発表した。

「IEEE 802.3bz」によって、カテゴリー5eケーブルで最大2.5Gb/s、カテゴリー6ケーブルで最大5Gb/sの高速通信が可能になり、また100メートル以上の距離でも速度が維持されるという。これにより、既存のカテゴリー5eおよびカテゴリー6のケーブルで構築されたインフラを生かした高速通信が可能になる。1000BASE-Tのイーサーネットは既に世界中で普及しており、既存のネットワークを利用して2.5倍・5倍の速度が実現できる。また、IEEE 802.3bzの導入が進めば、次世代の無線接続の高速化にも寄与する見通しだという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック