PR

Buffalo、Ethernetの新規格「IEEE 802.3bz」に対応した新しいスイッチを発表

2017年1月9日(月)

バッファローは1月5日、従来のEthernet規格「IEEE 802.3an(10GBASE-T)」、「IEEE 802.3ab(1000BASE-T)」対応に加え、新しい規格「IEEE 802.3bz(2.5/5GBASE-T)」に対応し、既設LANケーブルでの2.5Gbps(規格値)および5Gbps(規格値)通信が可能なスイッチ「BS-MP20シリーズ」を発表した。

「IEEE 802.3bz(2.5/5GBASE-T)」は、2016年9月に標準規格化された新しいEthernet規格。通常、10GbE対応機器を導入する際、従来のCat5eおよびCat6ケーブルでは最大1Gbps(規格値)の伝送速度しか出せず、最大10Gbps(規格値)の伝送速度を実現するためにはCat6A規格より上位のケーブルが必要となりLANケーブルの入れ替えなどインフラ側の施工作業が発生する。しかし、「IEEE802.3bz(2.5/5GBASE-T)」に対応した製品では、LANケーブルを上位規格に入れ替えせずとも既存のCat5eおよびCat6ケーブルを利用して最大5Gbps(規格値)の高速通信が可能なため、容易にリプレース導入が可能。

発売開始は2017年春の予定。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内