PR

「Raspberry Pi Zero W」にGPIOを実装したモデル「Raspberry Pi Zero WH」リリース

2018年1月17日(水)

Raspberry Pi Foundationは1月12日(現地時間)、「Raspberry Pi Zero W」にGPIOを実装したモデル「Raspberry Pi Zero WH」をリリースした。

「Raspberry Pi Zero WH」は、「Raspberry Pi Zero W」をベースに、GPIOを実装(はんだ付け)したマイナーチェンジ モデル。Raspberry Pi Zero Wからの性能・機能的な変更はないが、Raspberry Piシリーズの特徴であるGPIOが実装済となっている。はんだ付けが済んでいるため、年少の子供や学校などの教育現場でも、より安全で手軽にRaspberry Piを活用できるようになったという。

「Raspberry Pi Zero WH」は、Raspberry Pi Shopなどから購入できる。発売日時は今月下旬頃。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る