PR

Raspberry Pi Zeroの下ごしらえをしよう

2016年2月10日(水)
薬師寺 国安

Raspberry Pi Zeroとは

2015年12月現在、シングルマザーコンピューターとして、Raspberry Pi(ラスベリーパイ)が巷をにぎわせています。Raspberry Piは現在、以下の3種類が発売されています。

  • Raspberry Pi Model A+(Amazonで本体価格3780円)
  • Raspberry Pi Model B+(Amazonで本体価格3980円)
  • Raspberry Pi2 Model B(Amazonで本体のみ約5158円)

これらのRaspberry Piの世界が、2015年11月26日、激震に見舞われました。英国のRaspberry Pi財団が新モデル「Raspberry Pi Zero(ラズベリーパイ・ゼロ)」を発表したのです。なんと! 価格は5ドル(日本円で約620円)。パソコンを購入できない国の人たちにお安く提供して、「誰にでも使ってもらえる価格設定にした」と伝えられています。

「5ドルなんて、どうせおもちゃのようなシングルマザーコンピューターだろ」と思われた方は、大間違いです。
まずハードウエアとしては、1GHzのCPU、512MBのRAM、micro-SDカードスロット、mini-HDMI端子、micro-USBポート1個と、電源用のmicro-USBポートが1個備わっています。なお、初期のRaspberry PiやRaspberry Pi2とは異なり、Raspberry Pi ZeroにはEthernetとWi-Fi接続機能はついていません。性能的にはRaspberry Pi2 Model Bには劣りますが、Raspberry Pi Model A+やB+と比較しても遜色はないようです。

サイズは65×30×5mmと、Raspberry Piとしては最小です(図1)。従来のRaspberry Piと同様に、ScratchやMinecraft Piを動かすことができます。また「Scratch2MCPI」をインストールすると、ScratchとMinecraft Piの連携プログラミングも可能です。

このRaspberry Pi Zeroは非常に人気が高く、発売当日に完売しました。この原稿執筆時点では、どこも「Sold Out」となっており、入手が非常に難しい状況が続いています。
またRaspberry Pi Zeroは、財団が発刊する雑誌「MagPi」の付録としても入手できるようですが、この雑誌も1日で売り切れとなったようです。

筆者は、発売日に英国の「Pimoroni」(https://shop.pimoroni.com/)で購入しました。本体価格が3.33ポンド、送料が4ポンドで合計7.33ポンド(日本円で約1,350円)でした。送料のほうが高くつくところが、このRaspberry Pi Zeroがいかに低価格であるかという証でしょう。1週間ほどで手元に届きました。現在はRaspberry Pi Zero用のケースを注文していますが、送料込みの価格は本体と同じ、7.33ポンドになってしまいました。

必要な周辺機器

Raspberry Pi Zeroを動かすには、最低でも下記の周辺機器が必要です。

  1. 電源ケーブル。これはスマホなどの電源ケーブルが代用できます。
  2. USBケーブル。ポートはmini-USBなので、筆者「コアウェーブUSB-A(メス)-microUSB(オス)変換OTGバンジーケーブル CW-122MC(USBホスト機能対応タイプ)」をAmazonで購入しました(図2)。価格は248円です。
  3. HDMIケーブル。端子はmini-HDMIです。筆者は「Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル 2.0m(タイプAオス-ミニタイプCオス、イーサネット、3D、オーディオリターン対応)」を購入しました(図3)。価格は702円です。
  4. MicroSDカード。「Transcend microSDHCカード 32GB Class10(無期限保証)Newニンテンドー3DS 動作確認済み TS32GUSDHC10E(FFP)」を購入しました(図4)。価格は1,350円です。

上記以外にも、使わずに眠っていたUSBハブを図2のUSB変換ケーブルに差し込んで使用しています。またマウスとキーボードもつないでいるほか、「PLANEX Windows/Mac/Linux対応 USB2.0 有線LANアダプタUSB-LAN100R」を購入してつないでいます(図5)。これはアプリをダウンロードしたり、インターネットをしたりする場合に必要です。価格は1,280円でした。

図2~5の周辺機器画像の参照元:Amazon.jp(http://www.amazon.co.jp

もちろん、LANケーブルも必要です。USB変換ケーブル(図2)にUSBポートが4個付いたUSBハブを差して、マウス、キーボード、有線LANアダプター(図5)を接続しています。USBハブには無線LANを接続することも可能です。無線LANとしてはAmazonの「BUFFALO エアーステーション 11n/g/b 150Mbps USB2.0用WLI-UC-GNME」がお手頃のようです。価格は864円です。ただ、相性の問題もありますので、よく調べてから購入することをお勧めします。また、当然モニターも必要です。できればHDMI対応のモニターがいいと思います。

これらもろもろを含め、マウスやキーボードも別途購入して約7,000円近くかかりました。もしモニターがなければモニター代も加算されますので、結構な出費になります。Raspberry Pi Zero本体だけなら5ドルですが、これを動かすためには5ドルだけでは済まないのが現状ですね。ただ、マウスやキーボード、モニターは余っているものを利用できるのなら、お安く環境を構築できます。

Raspbian(OS)のインストール

これらの周辺機器をRaspberry Pi Zeroに接続したら、早速セットアップしていきましょう。まずOSをインストールします。MicroSDに「NOOBS」というOSのインストールツールを使って、Raspberry Pi Zeroに「Raspbian(Linux)」をインストールします。このとき注意しなければならないのはNOOBSをダウンロードする際には、必ずバージョン1.5.0をダウンロードする必要があることです。これ以前のバージョンでは、Raspberry Pi ZeroにMicroSDを差して電源を入れても、何も反応しませんので注意してください。最新版1.5.0Sは下記のURLよりダウンロードできます。

NOOBSダウンロードサイト(英語)
https://www.raspberrypi.org/downloads/noobs/

Raspberry Pi Zero以外の機種では、特にバージョン1.5.0でなくても良いようです。筆者はRaspberry Pi2 Model Bも使用していますが、これはバージョン1.5.0より1つ手前のバージョンだったと思います。

筆者は、NOOBSのダウンロードや次に記述するフォーマットの作業をWindows 10上で行いました。
また前後しましたが、NOOBSを入れるmicroSDカードのフォーマットには「SDFormatter」を使用します。下記のURLよりダウンロードできます。Windowsに付属のフォーマットは使用しないほうが賢明です。使用方法については、ユーザーズマニュアルも併せてダウンロードできますので、そちらをご覧ください。

SDFormatterダウンロードサイト
https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter_4/

さて、microSDをフォーマットした後は、ダウンロードしておいたNOOBSを解凍し、microSDカードにファイルをすべてコピーします。本連載では、Raspbianのインストール方法や設定方法の詳細については触れていません。皆さんご自身でWebより検索してお試しください。

Raspbianの起動

Raspberry Pi ZeroにNOOBSを入れたmicroSDを差し、Raspberry Pi Zeroに周辺機器を接続して電源を入れます。するとRaspbianのインストールが開始され、セットアップが完了したのち再起動を経てRaspbianが起動します(図6)。Raspberry Pi2 Model Bと比較すると起動時に表示されるメッセージの流れるスピードが断然遅いですが、Raspberry Pi Zeroの性能としては仕方がないでしょう。

通常の起動画面は、デスクトップ上に「ごみ箱」が表示されているだけです。筆者はScratchやMinecraft Piをデスクトップ上に表示させています。これらは各自で設定する必要があります。各メニューの操作は画面左隅上の「Menu」から選択します(図7)。

「Menu」→「プログラミング」→「Scratch」を選択すると、「デスクトップに追加」が表示されます(図8)。これを選択すると、デスクトップにScratchが表示されます。

Raspbianの終了

Raspbianをシャットダウンするには、「Menu」→「Shutdown」を選択します(図9)。図10の画面が表示されるので「Shutdown」にチェックを付けて「OK」をクリックすると、緑色の点滅が消えて終了します。点滅が消えたことを確認してから電源ケーブルを抜きましょう。緑色の点滅が続いている間は、電源ケーブルを抜かないようにしてください。

なお、Raspberry Pi2 Model BではRaspbianの起動時に赤いランプがつき、緑色の点滅が始まります。Shutdownすると緑色の点滅は消えますが、赤いランプはついたままの状態になります。ここで電源ケーブルを抜くようにしてください。緑色の点滅が続いている間は電源ケーブルを抜くことは厳禁です。

このように、Raspberry Pi ZeroのShutdownから電源ケーブルを抜くまでの手順は、今までのRaspberry Piとは若干異なっています。

今回は、ここまでです。次回からは、Raspberry Pi ZeroのRaspbianに同梱されているビジュアルブログラミング言語「Scratch」の画面の見方や操作方法、キャラクターの動かし方等について解説します。お楽しみに!

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています