PR

「Raspberry Pi 4」が日本国内で発売開始

2019年12月1日(日)

Raspberry Pi Foundationは11月25日(現地時間)、「Raspberry Pi」の新モデル、「Raspberry Pi 4」を発表した。また、アールエスコンポーネンツから、日本国内で技適に対応したRaspberry Pi 4の国内販売も開始された。

「Raspberry Pi 4」は、メモリが4GBに増強されており、ギガビットイーサ、4Kデュアルディスプレイのサポート、USB3.0の採用、現代的な新しいシステムオンチップSoCへの移行などが施されている。通信機能はWi-Fi (IEEE 802.11ac)、Bluetooth 5.0、Gigabit Ethernetに対応している。電源はMicro USBからUSB Type-Cポート(5V/3A)が利用可能。

日本国内では、技適に対応したものがアールエスコンポーネンツなどから発売される。サイズ、形状、GPIOピンの仕様などは変更がなく、HAT、モジュールなど旧モデルと共通のものが使用できる(ただしインターフェースの位置には変更があり、旧モデルのケース利用の場合はケース側の改造が必要)。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック