PR

 Microsoft、ローカルと異なるリモートOS環境下で開発を行える「Remote Development拡張機能パック」を「Visual Studio Code」向けにプレビュー公開

2019年5月9日(木)

 Microsoftは5月2日(現地時間)、「Remote Development拡張機能パック」を「Visual Studio Code」向けにプレビュー公開した。

 「Remote Development拡張機能パック」は、ローカルの「Visual Studio Code」からリモートへ接続し、アプリ開発を行うことができるようになるパック。「Remote Development拡張機能パック」では、ターミナルプロセスや開発アプリ、デバッガがリモートで実行されるため、ローカルと異なるOSで開発作業を行うことができる。

 「Remote Development拡張機能パック」では、接続先としてSSHリモートサーバ、コンテナ、「Windows Subsystem for Linux(WSL)」が利用できる。
 

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック