PR

de:code 2019開催。自動運転車からMicrosoft 365、Azure、HoloLens 2までの基調講演まとめ

2019年7月11日(木)
高橋 正和

2019年5月29~30日、日本マイクロソフトの技術者向けカンファレンス「de:code 2019」が開催された。

初日の基調講演は、日本マイクロソフトの平野拓也氏(代表取締役社長)、米Microsoftのジャレッド・スパタロウ氏(コーポレートバイスプレジデント Microsoft 365)、ジュリア・ホワイト氏(コーポーレートバイスプレジデント Azure)、アレックス・キップマン氏(テクニカルフェロー)の4パートに分けられ、5月6~8日に米国で開催された「Microsoft Build 2019」で発表された内容を交えながら、約2時間半ほど行なわれた。

平野氏はMicrosoft全体および日本マイクロソフトの取り組みについて、スパタロウ氏はMicrosoft 365やWindows 10について、ホワイト氏は開発ツールやAzureについて、キップマン氏はAR/MRについて、それぞれ語った。本稿では、各講演内容の詳細を紹介する。

ソニーにトヨタ、AIりんなもある日本マイクロソフト

パートナーを巻き込んでダイナミックなビジネス

平野氏はまず、興福寺(奈良)の阿修羅像の表情を、奈良大学とマイクロソフトとでCognitive Servicesを活用して分析した事例を紹介。また、火災にあったノートルダム大聖堂の修復に貢献するため、GitHubで公開できる3Dデータを作製するMicrosoftとIconemによる「Open Notre Dame」プロジェクトも紹介し、「AIが産業から家庭まで使われるようになり、ITエンジニアには大きな機会がある」と語りかけた。

日本マイクロソフト 代表取締役社長 平野拓也氏

また、平野氏は米Microsoft CEOのサティア・ナデラ氏の言葉を引いて、4つのクラウドプラットフォームでデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する戦略を語った。ベースとなる「Microsoft Azure」と、その上の「Microsoft Dynamic 365 & Power Platform」「Microsoft 365」、そして新たに注力する「Microsoft Gaming」だ。

4つのクラウドプラットフォームでDXを推進

「そのためにも、オープンなプラットフォームで、パートナーを巻き込んでダイナミックなビジネスを展開する」と平野氏。そうしたパートナーの例として、Red Hat社のイベントにナデラ氏が登場してOpenShift+Azureを共同で推進すると語ったことや、MicrosoftがAdobeやSAPなどと推進する「Open Data Initiative」、Dell社のイベントにナデラ氏が登場してAzure VMware Solutionsを発表したことなどを紹介した。

さらに、5月16日にゲーム分野でソニーとの戦略的提携を発表したことも改めて紹介。ゲームやコンテンツのストリーミングソリューション、MicrosoftのAI技術のソニーのコンシューマ製品への採用、新しいインテリジェントセンサーの開発が3つの柱だという。

ゲーム分野でソニーと戦略的提携

トヨタがHoloLens 2を全国の販売店に展開

平野氏は日本のDXとして、トヨタ自動車の事例を紹介した。2019年内にHoloLens 2を導入して、全国の販売店に展開し、自動車の修理、保守点検作業に役立てるという。そのほか、HoloLensのためのDynamics 365 Guidesの採用を検討。さらに、AzureのAIサービスの検証もしているという。

トヨタがHoloLens 2やDynamics 365 GUides、Azure AIを検討

また、日本独自の施策として、小売業向けの「Smart Storeリファレンスアーキテクチャー」を1月に発表したことも紹介された。在庫管理やPOSなどのサンプル実装をGitHubで公開するという。「付加価値の低い作業にエネルギーを使うことなく、差別化など付加価値の高いところに集中できる。各社に好評を得ている」と平野氏は語った。

Smart Storeリファレンスアーキテクチャー

ここで、完全自動運転車を開発するアセントロボティクス株式会社 社長の石﨑雅之氏が登場。2016年に創立し、従業員91名のうち80%が技術者だという。石崎氏は「アセントロボティクスは、脳に近いしくみで認知するAIを開発している」と語った。そのためのアプローチは3つ。1つめは、仮想空間でシミュレーション可能な状況を自在に作り、AIをトレーニングすること。2つめは機械学習。3つめは運転操作がどのようにされたかをトレースできる説明可能性だ。「それをサポートするためのインフラとして、Azureを検討している」と石崎氏。平野氏がAzueを選んだ理由を尋ねると、石崎氏は「AIサービスのラインナップが揃っている」ことを挙げた。なお、その後6月に正式に日本マイクロソフトとの協業を発表している。

アセントロボティクス株式会社 社長 石﨑雅之氏

日本マイクロソフトとアセントロボティクス

AIで平野社長がダンス

平野氏は、AIについても触れた。AIには、どこまで使って良いのかを含めて、信頼が必要になっているという。ここで、元女子高生AIりんながムービーで登場。「高校を卒業して歌手デビューした」ということで、歌っているミュージックビデオが上映された。

AIりんなのミュージックビデオ

さらに、曲に合わせて平野氏がダンスする様子までムービーで上映された。曲が終わったあとで平野氏が自らダンスの仕掛を解説。曲に合わせてプロのダンサーが踊った動きと、平野氏が15分それっぽく踊った映像を組み合わせて、AIが合成した動画なのたという。

平野社長がダンス

プロのダンサーの動きと平野社長の映像からAIが合成

フリーランスのライター&編集者。IT系の書籍編集、雑誌編集、Web媒体記者などを経てフリーに。現在、「クラウドWatch」などのWeb媒体や雑誌などに幅広く執筆している。なお、同姓同名の方も多いのでご注意。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています