PR

IBM、新しいAIサポート機能を搭載した「Db2 version 11.5」を発表

2019年6月7日(金)

 「Db2 version 11.5」では、データベース管理プロセスにAIとデータサイエンスを組み込み、アプリケーションにおけるAI活用を容易にする。プログラミング言語およびフレームワークへのドライバを数多く搭載し、データ分析や機械学習モデルの組み込みを容易にする。

 サポート対象となる言語は、Go、Ruby、Python、PHP、Java、Node.js、Sequelizeなど。フレームワークはVisual Studio CodeやJupyter Notebookなどをサポートしている。

 「Db2」は試用、開発目的のために評価版を無償でWebサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック