PR

「Docker Desktop 4.0」リリース 、サブスクリプション刷新

2021年9月3日(金)

 Dockerは8月31日(現地時間)、WindowsおよびMac OSで「Docker」が簡単に利用できるツール「Docker Desktop 4.0」をリリースした。

「Docker Desktop 4.0」は、いくつかの機能強化・変更が施されているものの、アップデート内容は少なく、サブスクリプションの変更が主な内容となっている。

新しい製品サブスクリプションは以下のようになっている。

〇無料サブスクリプションが「Docker Personal」に(旧「Docker Free」)。個人利用、中小企業利用、教育目的、非商用のオープンソースプロジェクトで利用可能
〇有償サブスクリプションが「Docker Business(最上位)」「Docker Pro」「Docker Team」となる。「Personal」利用条件を満たしていない場合、有償サブスクリプションへの加入が必要となる。8月31日から適用となるが、2022年1月31日まで猶予期間となっている。

 この変更は「Docker Desktop」のみが対象となっており、「Docker Engine」など他のプロジェクトには影響しない。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る