PR

富士通、「Oracle Linux」「Oracle VM」向けのサポートサービスを強化

2012年10月31日(水)

富士通は10月29日、オラクル・コーポレーション(以下、オラクル)との協業を拡大し、Linux OS「Oracle Linux」および、サーバー仮想化ソフトウェア「Oracle VM」に関するサービスメニューを強化すると発表した。

今回のサービス強化で富士通は、「Oracle Linux」「Oracle VM」向けのファーストラインサポートサービスを国内サーバーベンダーとして初めて提供開始する。ファーストラインサポートサービスは、「Oracle Linux」「Oracle VM」について、同社のサポートセンター(OSC)でのコール受付および技術支援を行うもの。24時間365日、「Oracle Linux」「Oracle VM」に関するコール受付を行い、運用継続を目的とした回避処置や解決策の質問・相談受付による支援をワンストップで提供する。

対応サーバーおよびサポート版数

  • ラック型サーバー「PRIMERGY RX300 S7」:「Oracle Linux 6.3」以降、「Oracle VM 3.1」以降
  • ラック型サーバー「PRIMERGY RX500 S7」:「Oracle Linux 6.3」以降、「Oracle VM 3.1」以降(11月下旬対応予定)
  • ブレードサーバー「PRIMERGY BX924 S3」:「Oracle Linux 6.3」以降、「Oracle VM 3.1」以降(12月下旬対応予定)

基幹IAサーバー「PRIMEQUEST」も順次、「Oracle Linux」「Oracle VM」の最新版数に対応予定。


富士通
http://jp.fujitsu.com/

ニュースリリース
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2012/10/29.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック